[最終更新日時] 2006/5/25 14:40
米国消化器病週間(DDW2006)漢方関連速報(日本語)
5月22日(月)より順次掲載しています。
各演題の取材記事が日本語でご覧になれます。尚、掲載時間は変更になることがあります。

マーク・・・
取材記事と演者の先生のインタビューMOVIEがご覧いただけます。
マーク・・・
演者の先生へのご質問を受け付けております。


(回答できない場合もございますのでご了承ください。)
マーク・・・
演者の先生からの回答がご覧いただけます。




日本時間:5月22日(月)4演題掲載

[演題番号] S1128
Rikkunshito improves induction therapy for depression with SSRI
うつ病患者のSSRI投与による急性胃腸障害を
六君子湯が抑制
産業医科大学神経内科学講師
岡 孝和 先生
  

[演題番号] S1203
Establishment of New Oral Treatment for NERD Patients
NERD(内視鏡陰性GERD)に対する
新たな治療法の確立 ―六君子湯の可能性
こいで内科消化器科クリニック院長
小出 明範 先生
  

[演題番号] S1580
Beneficial effects of the herbal medicine Inchin-ko-to on liver function and regeneration after massive hepatectomy in rats
徳島大学大学院臓器病態外科
小笠原 卓 先生
  

[演題番号] S1725
Abatement effect of Daikenchuto, one of the japanese traditional herbal medicine (Kampo Medicine), on the morphine-induced slowing of gastrointestinal motility
モルヒネ誘発消化管運動障害に対する
大建中湯の改善作用
―内因性収縮促進物質との関与を解明
千葉大学大学院薬学研究院薬物治療学講師
中村 智徳 先生
  







日本時間:5月24日(水)2演題掲載

[演題番号] T1695
Improvement of anorexia by rikkunshito via increased ghrelin secretion
グレリン分泌促進を介した六君子湯の
食欲亢進作用を解明
北海道大学大学院医学研究科消化器内科学助教授
武田 宏司 先生
  

[演題番号] T2044
Colonic vascular conductance increased by herbal medicine Dai-Kenchu-To via calcitonin gene-related peptide
大建中湯の大腸腸管血流における血流増加作用
に関する研究 ―CGRPを介したメカニズム
旭川医科大学外科学講座・消化器病態外科学分野助教授
河野 透 先生
  





提供:株式会社ツムラ