番組紹介

ラジオNIKKEI第1 3回シリーズ 放送日2011年9月19日、10月3日、10月17日(各20:40~21:10 放送)

「研修認定薬剤師講座」3回シリーズの今回は、「薬剤師のためのジェネリック医薬品情報」をテーマにお届けします。最近の一般論から医療経済の視点、また今後の課題をそれぞれの立場の専門家に解説していただきます

新着記事

オンデマンド 詳細

2011.11/07 staff 記事URL

  • 「聴く」アイコンをクリックすると、オンデマンドがご視聴いただけます。
放送日サブタイトル出演者オン
デマンド
9月19日(月) 「ジェネリック医薬品の品質、情報―最近の一般論」 東邦大学医学部外科学講座
心臓血管外科 教授
小山信彌
オンデマンドを聴く
10月3日(月) 「医療経済からみたジェネリック」 東京医科歯科大学大学院
医療経済学分野 教授
川渕孝一
オンデマンドを聴く
10月17日(月) 「ジェネリック医薬品のさらなる使用促進における課題」 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団 理事長
土井脩
オンデマンドを聴く

研修認定薬剤師講座における本企画について

2011.09/14 staff 記事URL

日本薬剤師研修センターの研修認定薬剤師制度は、全職域の薬剤師の方々の自己学習をバックアップするもので、平成6年4月にスタートしました。


■ 研修認定薬剤師制度とは?
薬剤師は、医療需要と社会的要請に応えるために、生涯にわたり研修等による自己研鑽に努めなければならないとされています。
 財団法人 日本薬剤師研修センターは、全国のあらゆる職域の薬剤師を対象に、研修成果を記録し、それを客観的に認定するために「研修認定薬剤師制度」を発足させました。
 これは、一定期間内に集合研修や自己研修などにより、定められた単位を修得した人に対して認定薬剤師証を発行し、その成果を証明する制度です。


■ 研修認定薬剤師とは?
研修認定薬剤師制度のもと、1認定期間(新規4年以内、更新3年毎)に所定の単位を修得したと認定された薬剤師。


■ 研修認定薬剤師制度における本研修の種別
本企画は、自己研修として配信する教材です。

自己研修の規定は、

「個人が書籍・雑誌・視聴覚器等の活用により医学・薬学関連分野の学習をした場合をいいます。この場合は学習後に、各人が「受講単位請求書」に必要事項を記入して、受講シールを請求していただくこととなります。 なお、取得単位数に制限はありませんが、認定薬剤師申請の際に計算される単位数は、年間5単位までとなっています。」

視聴覚教材で学習した場合の単位取得は、4時間視聴で1単位です。


新着一覧はコチラ