番組紹介

ラジオNIKKEI第1 2017年9月11日(月) 20:40~20:55

手術部位感染は医療の質、医療経済に与える影響が大きく、その予防は患者、医療者、病院そして社会に多様な利益をもたらします。今回は最近欧米で発行されたガイドラインからポイントを抜粋し、日本の臨床現場での対応を説明します。

新着記事

明日の治療指針「手術部位感染の現状と最新の予防ガイドライン」(2017.9.11放送)

2017.11/16 番組スタッフ 記事URL

明日の治療指針 
「手術部位感染の現状と最新の予防ガイドライン」(2017年9月11日放送)

樫村暢一先生
【ご出演】
  樫村 暢一 先生
  医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 顧問

【履歴】
   1978年3月 北海道大学医学部卒業 
   1978年4月 北海道大学医学部第2外科
                   (現:消化器外科Ⅱ)入局 
   市立札幌病院、KKR斗南病院、市立釧路総合病院
   室蘭太平洋病院、北海道大学医学部付属病院等の
   勤務を経て 
   1987年12月 手稲渓仁会病院 外科部長 
   2004年4月 手稲渓仁会病院 副院長
   2006年4月 手稲渓仁会クリニック院長
   2017年4月 手稲渓仁会病院 顧問
  現在に至る




新着記事一覧

新着一覧はコチラ