→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成14年4月25日放送内容より スズケン

DI実例集


北里大学病院 治験管理室 主任
露崎 浩子

RA治療に用いられる薬剤“メソトレキサート(MTX)”

 メソトレキサート(MTX)は1999年に承認され、現在、国内で最も有効性の高い抗リウマチ薬として位置付けられています。本薬は葉酸の代謝拮抗作用を有し、抗体産生およびリンパ球増殖を抑制します。血管内皮細胞および滑膜線維芽細胞の増殖を抑え、血管新生や滑膜増生を抑制し、さらに炎症部位への好中球遊走・マクロファージのIL-1産生を抑制するとともに急性炎症反応の指標であるCRP低下をもたらします。1週間の特定の日に服用するので患者指導が重要な薬剤です。用量は国内承認用量は8mg/weekですが、米国では20mg/weekを超える投与も認められています。効果は1〜2ヵ月後に得られます。
 本薬の注意すべき副作用には他のDMARDsでも報告されている肺障害があります。RA自体による肺障害は10%ともいわれ、リスクファクターとして(1)男性(2)高齢者(3)リウマトイド因子(RF)高値(4)喫煙(5)関節外症状の存在が考えられています。MTXによる肺障害の発生率は2〜10%と報告されており、発熱、乾性咳嗽、呼吸困難、息切れ、全身倦怠感などの臨床症状を伴います。さらに、末梢血検査所見ではCRPが10mg/ml以上と強い上昇を示します。この他、総蛋白・血清アルブミン値の低下、血清免疫グロブリン値の低下、LDHの上昇が報告されており、処置としてはMTXの投与中止、あるいは重症の場合はステロイドパルス療法を施行します。

RA治療に用いられる薬剤“Tacrolimus(タクロリムス)”

 さて、次にタクロリムスについてお話します。本薬は放線菌Streptomyces tsukubaensisが産生するマクロライド骨格を有する免疫抑制薬で、シクロスポリンに比べin vitroで30〜100倍、in vivoで10〜20倍の強い免疫抑制作用があると報告されています。RA領域ではカプセル製剤が現在、海外および国内において治験中ですが、移植領域よりも低い用量で、1日1回服用で効果が期待されています。主な副作用としては、腎機能の低下、耐糖能の異常が報告されています。

RA治療に用いられる薬剤“Leflunomide(レフルノマイド)”

 次にレフルノマイドは米国では既に承認されていますが、国内では製造承認申請中の抗リウマチ薬のひとつです。活性代謝物であるA77 1726は、ヒトの酵素であるジヒドロオロテート脱水素酵素(DHODH)を阻害し、細胞増殖抑制作用を示します。1回100mgを1日3回の初期量から開始し、血中濃度を短期間で上昇させ、その後、推奨用量の欧州:10〜20mg、米国:20mgを1日1回投与します。治療効果は通常、投与開始4〜6週後に発現しはじめ、4〜6ヵ月後にさらに改善が期待されます。また、本薬においては、軽微な腎機能障害や65歳以上の高齢者においても用量の調節は必要ないとされています。活性代謝物のA77 1726の半減期は長く、約2週間といわれています。主な副作用としては、消化管障害、体重減少、頭痛、腱鞘炎、湿疹、白血球減少症などが報告されています。


提供 : 株式会社スズケン


前項へ 1 2 3 次項へ