→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成14年6月13日放送内容より スズケン

片頭痛治療薬
エレトリプタン


足利赤十字病院 院長
福内 靖男

経口片頭痛治療薬 エレトリプタン

 本日は経口片頭痛治療薬として発売されたセロトニン1B/1D受動体作動薬である臭化水素酸エレトリプタンについてお話しいたします。
 エレトリプタンはトリプタン系に分類される薬剤で、経口薬として発売されるのは、2001年8月に発売されたスマトリプタンとゾルミトリプタンに続いて国内で3剤目になります。日本では2002年に発売予定ですが、海外では2001年7月に欧州を皮切りに、多くの国で使用されています。
 トリプタン系薬剤は、海外ではおよそ10年前に登場した薬剤ですが、日本においては経口薬に先行して、2000年4月に初めてスマトリプタンの皮下注射薬が発売されました。この薬剤の登場によって、片頭痛治療は大きく変化しました。それは従来の片頭痛発作治療薬では治療不可能であった激しい頭痛に対しても、優れた改善効果が得られたからです。そしてその後の経口薬の登場によって、医療機関に行って注射しなければならないという不自由さが改善され、ますます片頭痛治療の選択肢が広がりました。


提供 : 株式会社スズケン


1 2 3 次項へ