→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成14年7月11日放送内容より スズケン

DI実例集(137)


昭和大学病院 薬剤部
竹ノ内 敏孝

血漿重炭酸イオン濃度の算出法

 本日は、酸-塩基代謝障害と血漿重炭酸イオン濃度の算出法についてお話させていただきます。
 まず、酸-塩基代謝についてお話する前に、患者が重度で純粋な代謝性アシドーシスであるとして、動脈血pHが6.98、炭酸ガス分圧13mmHg、血漿重炭酸イオンが3mEq/Lであると仮定した場合に、動脈血pHを7.20にあげるための血漿重炭酸イオン濃度および重炭酸ナトリウムの必要量の近似的な求め方についてお話させていただきます。
 細胞外液の通常の水素イオン濃度は、極めて低い濃度で狭い範囲に保たれており、おおよそ40nanomol/L(37×10−9 〜43×10−9 nanoeq/L)であります。水素イオン濃度の少量の変化が、細胞酵素の活性に重要な影響を及ぼすため、その濃度を維持し、大きな変化を防止することは、細胞の機能にとって必須となっております。
 細胞外または細胞内液には、多様なバッファーがありますが、細胞外液の主なバッファーは、重炭酸-炭酸緩衝系であり、その系は、水素イオン、重炭酸イオン、炭酸ガスの濃度について単独で表すことができます。
 炭酸ガス濃度は、臨床的に血液から容易に測定できる炭酸ガス分圧に0.03を掛けた値から表され、水素イオン濃度は、炭酸の解離定数pKa×炭酸ガス濃度÷重炭酸イオン濃度。すなわち、炭酸ガス分圧を重炭酸イオン濃度で割った値に、24を掛けた式として表されます。
 正常な動脈血のpHは7.37から7.43で、ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式として、各濃度の対数の比率として予測することができます。炭酸の解離定数が約800nanomol/Lで、その負の対数が6.1となることから、pHの算出は6.10に、重炭酸イオン濃度を炭酸ガス分圧で割った対数値を掛けたものとなり、水素イオン濃度の標準値40nanomol/L(nanoeq/L)でpHは7.40となります。
 以上より、冒頭で述べました例について、炭酸ガス分圧は不変であると仮定し、計算いたしますと、動脈血pH7.20より水素イオン濃度は約63nanoeq/Lで等しくなり、患者の血漿重炭酸イオン濃度を5mEq/Lにあげなければならないと導き出されます。
 重炭酸ナトリウムの必要mEq量は、重炭酸イオン濃度予定値から現測定値を引いた値に、0.4と体重(kg)を掛けた式により、近似的に得られ40mEqとなります。

(表1:重炭酸塩/二酸化炭素反応系)


提供 : 株式会社スズケン


1 2 3 次項へ