→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成14年10月17日放送内容より スズケン

DI実例集(138)


千葉大学 薬剤部 副部長
中澤 一純

相互作用と手術時の休薬について

 血小板凝集抑制作用を示す薬剤の使用上の注意として、相互作用があります。ワルファリンなどのクマリン系抗凝血薬、抗血小板薬、ウロキナーゼ等の血栓溶解剤、ヘパリン製剤、オザグレルナトリウムなどのトロンボキサン合成阻害薬、プロスタグランジン誘導体製剤などは相互に作用を増強し、出血傾向が増強される危険性があり、十分な注意が必要であります。抗血小板薬の投与に際しては、あらかじめ患者の出血性素因をスクリーニングする必要があります。特に出血時間、血小板数、プロトロンビン時間、トロンボプラスチン時間、フィブリノーゲンなどを検査し、出血時間が延長している場合は、血小板凝集能、von Willebrand因子の測定が必要であります。
 抗血小板薬を投与した場合、そのほとんどが出血時間を延長させますが、アスピリン、塩酸チクロピジンは投与中止後も1週間程度作用が持続します。
 不安定狭心症、PTCA後の再狭窄の防止に長期にわたり薬物療法が行なわれる場合が多いのですが、その患者がバイパス手術を受ける場合や歯科医などで抜歯する場合で出血が予想されるとき、一定期間服用を中止する必要が生じてくる場合があります。アスピリンや塩酸チクロピジンは、その作用が不可逆的であり、効果は血小板の寿命である約10日間持続するため、これら薬剤は、手術の前には1〜2週間休薬するのが一般的であります。シロスタゾールは、血小板に対する作用は可逆的であるため、手術の3〜4日前に休薬するのが一般的であります。イコサペント酸エチルは抗血小板作用があるため、正確なデータはありませんが1週間程度の休薬が手術時に対して必要だとされています。
 抗凝固薬のワルファリンカリウムに関しては、1回の服用に対して抗凝固効果が2〜3日間持続するため、手術前5日間は休薬することが望ましいと考えられます。以上あげた薬剤以外にも抗血小板作用を有する、塩酸サルポグレラート、トラピジル、塩酸ジラセプ、ジピリダモールなども休薬などの細心の注意が必要と考えられます。抗血小板作用を有する薬剤に関する休薬の目安を表に示しました。

(資料1:「主な抗血小板作用を有する薬剤の手術時における休薬期間」)

 しかしこれらはあくまでも目安であり、手術の大きさ、出血の程度などを考慮する必要があり、また服用を中止することによる再狭窄による心臓への悪影響の危険性もあるため、医師と相談し充分に症状を確認したうえで休薬をすることが望ましいと考えられます。

抗血小板薬の展望

 抗血小板作用を有する薬剤について述べましたが、一部薬剤は急性冠症候群に対する適応を有していませんが、今後大規模臨床試験成績において有用性が確立され適応が拡大されてくるものと思われます。再発予防に対して抗血小板薬が有効でありますが、服用していれば再発が完全に抑制されるわけではなく、再発しても軽症で済むという結論は得られていません。それより基礎疾患である生活習慣病などのコントロールが再発防止に重要であると考えられます。


提供 : 株式会社スズケン


前項へ 1 2 3