→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成15年1月9日放送内容より スズケン

腸管糞線虫駆虫薬
イベルメクチン


琉球大学 第一内科
平田 哲生

糞線虫症の病態と治療

 本日は平成14年12月に発売されました糞線虫駆虫薬イベルメクチンについて御説明申し上げるわけですが、その前にまず糞線虫症に関して簡単にお話致します。

(資料3:「糞線虫」)

 糞線虫症は、土壌から経皮的にヒトに感染し、主として十二指腸や小腸上部の粘膜に寄生する糞線虫によっておこる寄生虫感染症です。症状としては、腹痛・腹鳴・軟便などの軽度の消化器症状を認めます。しかし、免疫能の低下した患者においては、本寄生虫が過剰感染し、吸収不良症候群、麻痺性イレウスを呈することもあります。さらに、腸管から自家感染したフィラリア型幼虫が全身に散布され、大量の腸内細菌が糞線虫とともに体内に入り、敗血症、肺炎、化膿性髄膜炎などを合併し致命的になることがあります。このような病態を播種性糞線虫症と呼びます。

(資料5:「糞線虫の生活史」)

 糞線虫は熱帯・亜熱帯地域に広く分布し、わが国では沖縄・奄美地方が浸淫地となっております。沖縄県と鹿児島県の南西諸島は成人T細胞性白血病ウイルス(HTLV-1)の浸淫地でもあり、糞線虫との重複感染が高率に認められます。糞線虫腸性者の約40%は抗HTLV-1抗体陽性者で、一般住民の21%より有意に高い結果となっています。また、抗HTLV-1抗体陽性者の17.5%に糞線虫を認めたのに対し、陰性者では6.7%に認めたのに過ぎませんでした。また、播種性糞線虫症など重症の糞線虫症のうち約半数は抗HTLV-1抗体を認めました。このようにHTLV-1と糞線虫は密接に関係しております。

(資料4:「抗HLV−I抗体の有無による糞線虫保有率」)

 糞線虫の確定診断は糞便から虫体を証明することによります。検査法としては普通寒天平板培地法が最も優れており、従来行われていた直接塗抹法、ホルマリンエーテル法などと比べると4〜10倍の検出感度があります。また、重症例では胃、十二指腸液、喀痰、腹水などから検出されることもあります。

(資料1:「普通寒天平板培地法と従来法の比較」)

 本症の自然治癒はほとんど望めないので臨床症状が軽微であっても治療する必要があります。特にステロイドホルモン、免疫抑制剤などを使用する場合、早期に診断しイベルメクチンによる治療を行う必要があります。さらに、播種性糞線虫症の場合には腸内細菌による敗血症、髄膜炎を併発しますので、強力な抗菌活性を有する抗菌薬の併用と、必要に応じ全身管理を行います。


提供 : 株式会社スズケン


1 2 3 次項へ