→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成15年1月23日放送内容より スズケン

DI実例集(139)


東京医科大学病院 薬剤部 主査
小林 仁

新しいインスリン製剤の開発

 遺伝子工学の進歩は、さらなる新しいインスリン、インスリンアナログ製剤を誕生させました。
 通常、インスリン分子は、亜鉛分子を中心とした倒立した三角錐が6つ集まった立体構造、6量体をとります。インスリンがこの構造をとることは、インスリンの安定性を保つ上で極めて重要なことです。6量体で投与されたレギュラーインスリンは、皮下組織において組織液により希釈され、2量体、さらに単量体へと解離し、毛細血管から吸収され、作用を発現します。そのためレギュラーインスリン皮下注射後、作用発現までにラグタイムが存在します。

(資料4:「インスリンの吸収過程」)

 インスリン分子は2本のペプチド鎖が組合わさったタンパク質で、生理学的活性にB鎖24、25、26のアミノ酸が重要なことが知られています。また2量体の形成にはB鎖25〜29のアミノ酸が、大きな役割を果たしていると考えられました。そこでインスリンの2量体形成に関わるアミノ酸のうち、生理活性の少ない部位を変化させることにより、インスリン分子の立体構造を変化させ、6量体の形成を阻害し、吸収が速やかに行われる製剤が検討されました。現在、B鎖28のプロリンをアスパラギン酸に置換したインスリンアスパルト、B鎖28とB鎖29の順番を入れ替え、リジン・プロリンとしたインスリンリスプロが実用化され、臨床の現場で使用されています。

(資料5:「ヒトインスリンのアミノ酸一次構造」)

 さらにB鎖29のセリンをアスパラギン酸に、B鎖27のスレオニンをグルタミン酸に置換したインスリンアナログ製剤が、現在検討されています。また、インスリンアスパルトにプロタミン処理したインスリンアスパルトを加えた2重作用のインスリンアナログ製剤が開発され、すでに全米で使用可能となっております。
 超速効型のインスリンアナログ製剤の安全性についてですが、ヒトインスリンとの比較で、インスリン受容体への親和性および解離性、脂肪生成から見た代謝効率、IGF-1受容体親和性、細胞増殖能の全てにおいて差違は認められず、問題のないことが分かっています。

(資料6:「水溶性持続型インスリン製剤の利点」)


提供 : 株式会社スズケン


前項へ 1 2 3 次項へ