→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成15年3月27日放送内容より スズケン

病態シリーズ(20)
糖尿病と血管内皮細胞機能障害


獨協医科大学 内分泌科 助教授
服部 良之

一酸化窒素と血管内皮保護作用

 糖尿病では血管内皮細胞機能が障害されており、それが動脈硬化を進展させるとともに、将来の心血管イベント発症の基盤をつくるといわれています。
 血管内皮細胞が産生、分泌する様々な生理活性物質のなかで最も重要なのは一酸化窒素(NO)であると考えられます。血管内皮由来血管弛緩因子(EDRF)として同定されたNOは血管内皮機能を維持する上で非常に重要な因子であります。すなわち、NOは血管の弛緩だけではなく、平滑筋の増殖抑制、血管への細胞接着や血小板凝集能の抑制など、多彩な血管保護作用を持ち、血管壁の恒常性維持に貢献していると考えられます。NOはL-アルギニンを基質として血管内皮細胞のNO合成酵素(eNOS)によって合成されます。eNOSは生体内で血流によるshear stressによって細胞内Ca2+依存的に活性化され、またブラジキニン、エンドセリン、セロトニン、ヒスタミンなどのアゴニストによっても活性化されます。また、Aktを介するCa2+非依存的活性化も知られています。

血管内皮機能障害と心血管イベント

 動脈硬化を起こした血管では、その早期から、血管内皮機能の障害が認められます。また、糖尿病をはじめ高血圧、高脂血症、喫煙などの危険因子があると、血管内皮機能の障害が生じることが知られています。この内皮機能の障害は内皮細胞のNO産生あるいは活性の低下をもたらし、血管収縮、血小板凝集、血栓形成能の亢進、血管の炎症と増殖性変化を引き起こすことにつながるわけであります。

(資料1:「血管内皮機能と心血管イベント」)

 糖尿病などの動脈硬化の危険因子は、血管内皮細胞機能を障害し、そこから動脈硬化が進展するとともに、重要な合併症としての心血管イベントの基盤が形成されることになります。実際、Achによる血管弛緩反応が良好な群では、反応が減弱した群よりも心血管イベントの発症が少ないことが示され、今日では動脈硬化において血管内皮機能の障害は重要な意味を持つことが明らかにされているわけであります。したがって、動脈硬化の進展および心血管イベントの発症を抑制するためには、できるだけ早期に内皮細胞機能の評価を行い、治療をすることが必要と考えられます。なぜならば、このような内皮機能の障害は病態によって回復可能であることが基礎的にも臨床的にも示されているからであります。


提供 : 株式会社スズケン


1 2 3 次項へ