→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成15年5月1日放送内容より スズケン

片頭痛治療点鼻薬
スマトリプタン


寺本神経内科クリニック 院長
寺本 純

片頭痛の臨床特徴と治療薬

 片頭痛は、疫学調査の結果から日本人では840万人に存在すると推定される頭痛であります。頭部の血管が発作的に拡張し、脈拍に合わせた片側の頭痛が現れることが特徴で、悪心・嘔吐を伴うこと、女性に多いこと、妊娠中には軽快すること、などの特徴を持っています。病型としましては、閃輝暗点の現れるmigraine with auraが約20%、残りはmigraine without auraと呼ばれる型が大半を占め、特殊な病型は少数であります。
 片頭痛の頭痛発作の疼痛抑制に対しては、従来、鎮痛消炎薬やエルゴタミンが用いられていましたが、2000年にスマトリプタンの注射薬が、2001年にスマトリプタンとゾルミトリプタンの経口薬が発売となりました。さらに2002年にはエレトリプタンが発売となり、これらのトリプタン系薬剤が臨床使用される機会が増えてまいりました。さらに本年(2003年)4月にはスマトリプタンの点鼻薬が認可されるに至り、用途に応じた使い分けが必要になってまいりました。

片頭痛の臨床特徴
脈拍に一致した拍動感の痛みを呈する
頭痛は、数日ないし数週間の間隔をおいて発作性に出現する
頭痛は、数日ないし数週間の間隔をおいて発作性に出現する
長くても2〜3日で頭痛はいったん治まる
頭痛発生時に、悪心、嘔吐などを伴うことがある
頭痛発生時に、強い光、大きな音、不快な臭いで頭痛が強まることがある
頭痛の出現する数分ないし数時間前に、目のチカチカ、頸すじの張り、生あくび、不定の予知感など前駆症状が先行する
雑踏、寝過ぎ、炎天下、飲酒、運動などによって頭痛が誘発、強化される
夜中あるいは目覚めのとき、頭痛が現れていた経験がある
10 頭痛の強い部分を手で圧迫すると、その間頭痛が軽減する
11 頭痛は、遅くとも30歳までに現れる
12 両親、同胞、子供など血縁者のなかに似たような頭痛を訴える人がいる
13 女性に多い頭痛である
14 妊娠中は頭痛が現れないか、現れたとしても軽度である
15 血圧はどちらかというと低めのほうである
16 下痢、発熱などの自律神経症状が現れることがある
寺本純:片頭痛の診断手引き、診断と治療社2000

 本日は、今回発売にされました点鼻薬を中心に解説するとともに今後のトリプタン治療の課題などについて触れてみたいと思います。


提供 : 株式会社スズケン


1 2 3 次項へ