→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成16年3月11日放送内容より スズケン

速効型インスリン分泌促進薬
ミチグリニド


国際医療福祉大学臨床試験研究分野 教授
田中 俊一

iconミチグリニドの作用機序

 次に今般承認になりましたミチグリニドですが、ほぼ特性的には非常に似通った物質でございます。

(資料5:「ミチグリニドのインスリン分泌促進作用」)

 やはり同じレセプターにつきますけれども、膵β細胞のレセプターの刺激時間が短いタイプで、同様ですけれども臨床試験での経験上あるいは全臨床試験とかのデータを見てみますとナテグリニドよりもさらに若干ですが、作用時間が早く、その作用している時間も比較的短い可能性がございます。

(資料6:「ミチグリニドの血糖上昇抑制作用」)

 両者とも使い方に特に差はありませんけれども、ミチグリニドの方がより早く血糖を下げてくる可能性があり、ナテグリニドの方がやや遅く発現するという差がございます。その使い分けについて特別、ミチグリニドとナテグリニドを比較した試験というのは私は知りませんので、どちらがどうということは申し上げられませんけれども、お使いになられる患者さんに合わせて、食事を早い時間で召し上がる方であるとか、ゆっくり召し上がる方、いろいろございますので、その食生活に合わせた振り分けは可能なのかなとは思われます。その他、副作用等については刺激する受容体自体がSU剤とほぼ同じですので、正常な患者さんが間違えて服用することがあれば、低血糖発作を起こします。ただし、2型糖尿病の患者の場合は肥満型であれ、やせ形であれ、インスリン量は不足しておりますので、通常、このようなフェニルアラニン誘導体系ベンジルコハク酸誘導体(ミチグリニド)の薬を初回投与の最小量からはじめた場合、低血糖を起こす確率はあまり高くないように思います。これはナテグリニド、ミチグリニド両者について言えることだと思います。低血糖発作の副作用報告は出ていますが、通常のSU剤に比較しますと、非常に低い頻度であるということが言えるかと思います。順序として併用薬の問題等もこれから出てくるとは思いますけれども、先生方がお使いになられているような軽症な薬、すなわちαグルコシターゼ阻害剤等の併用は充分に効果を生むであろうと考えられております。ただし、ミチグリニドとの併用については、本剤が臨床試験の経過が承認されたのが、まだ今年1月29日でございますから、そのあと併用の試験などの結果をみてからでないと言えませんが、可能性としてそのような使い方が将来されていくのではないかと考えます。


提供 : 株式会社スズケン


前項へ 1 2 3 次項へ