→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成17年6月9日放送内容より スズケン

深在性真菌症治療薬―ボリコナゾール


川崎医科大学呼吸器内科 講師
二木 芳人

icon ボリコナゾールの選択

 さて、このような特徴を持つボリコナゾールを臨床ではどの様に位置付けて、どの様に使うかという点についてお話します。

(資料8:「抗真菌薬の適応菌種」)

 本薬の真骨頂はやはりアスペルギルス感染症治療にあると思いますので、アスペルギルス感染症と確診がついた場合、あるいはそれが強く疑われている例では第一次選択薬のひとつと考えて良いでしょう。ただ、高度免疫不全状態で発症した典型的な侵襲型アスペルギルス症では、本剤やミカファンギンを用いても必ずしも単独では十分な有効率が得られるものではなく、この様な症例では今後ボリコナゾールを基軸としたミカファンギンやアムホテリシン Bなど他系統の抗真菌薬との併用療法なども、基礎実験成績では有望な効果も示しておりますので、臨床的検討が必要かと思われます。
 また、ボリコナゾールはカンジダ属やクリプトコッカスの酵母様真菌感染症にも優れた臨床効果を示しますが、これらについてはフルコナゾールが現在でも良好な有効性を示しますので、フルコナゾールに次ぐ第二次選択か、明らかにフルコナゾール耐性真菌と診断される様な例、あるいは予後不良を予測させる重症例での第一次選択として本剤を用いるべきと考えます。その他、近年話題のフサリウムやスケドスポリウム感染症については、本剤が我が国で唯一適応を有する抗真菌薬ということになります。
 ボリコナゾールは 6月に我が国で発売され臨床応用が開始されましたが、優れた、また、大変期待の持てる抗真菌薬なだけに、大切に症例を選んで適用し、長く使えるものとしていただきたいと考えています。


提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3