→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成17年7月21日放送内容より スズケン

添付文書の副作用の中に見られる症候群(1)「溶血性尿毒症候群」


帝京大学 名誉教授
清水 直容

icon H因子と細胞障害

 TTPとHUSの鑑別の場合に、腎のバイオプシー生検を行いますと、そこに起こっている血栓の内容が異なるという最近の研究もございます。

(資料7:「トロンボモジュリン」)

 また、なぜ溶血が起こるのかということですが、これはH因子と総称されていますが、補体の活性化によって細胞障害が起こるのでありますけれども、H因子というのはそれを防御する全ての因子の総称です。特にその物質としてトロンボモジュリン(Thrombomodulin)というものが最近注目されておりますので、これにつきましては次にまたお話をいたしますけれども、その他プロスタグランジンI2が減少するために凝集が増加するというようなことが、それから内皮細胞から出ています血小板粘着因子として有名なvonWillebrand因子、これに関連している研究も最近新しくできてきておりまして、それが切断酵素が多いか少ないかによってその凝固が変わってくるというものです。それにつきまして少しお話ししたいと思いますが、トロンボモジュリンというのは血管の内皮細胞に発現しております、一本鎖の糖蛋白でして、それがもともとトロンビンと結合しまして、凝固を抑制する酵素になってるわけでありますけれども、そのトロンボモジュリンが細胞外の長い鎖のところが色々な原因で切断されますと、今の凝固がむしろ促進された格好になって今回のような色々な出来事が起こるわけであります。

 

提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3 次項へ