→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成17年7月28日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠について(11)


日本大学薬学部薬事管理学 教 授
白神 誠

icon ボリコナゾール経口剤と静注用の薬価算定

 次はブイフェンド錠です。成分はボリコナゾールで、ファイザーの開発です。

(資料3:「ボリコナゾール経口薬の薬価算定根拠」を挿入)

 ボリコナゾールは、細胞膜合成阻害作用を有し、「重症又は難治性真菌感染症」を効能効果とします。効能効果、薬理作用、組成及び化学構造、投与形態が同一の、フルコナゾールの製剤である同じファイザーのジフルカンカプセルを比較対照薬に、類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。本剤により対象疾病の治療方法の改善が示されていると判断され、有性用加算(II)が適用されました。さらにその価格が外国平均価格の4分の3を下回ったため、引き上げが行われました。
 なお、ブイフェンド錠には50mgと200mgの、またジフルカンカプセルには100mgと50mgの二つの規格があるため、汎用される規格である本剤200mg製剤とジフルカンカプセルの100mg製剤の一日薬価を一致させた後、50mg製剤の価格については、ジフルカンカプセルの規格間比を用いて算定されています。

 次は、ブイフェンド静注用です。今、ご紹介したボリコナゾールの注射剤で、同じファイザーの開発です。

(資料4:「ボリコナゾール静注用の算定根拠」を挿入)

 効能効果、薬理作用、組成及び化学構造、投与形態が同一の、フルコナゾールの注射剤である同じファイザーのジフルカン静注液を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。経口剤と同様、本剤により対象疾病の治療方法の改善が示されていると判断され、有用性加算(II)が適用されました。やはり、その価格が外国平均価格の4分の3を下回ったため、引き上げが行われました。


提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3 次項へ