→ 番組表はこちら
→ ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成17年7月28日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠について(11)


日本大学薬学部薬事管理学 教 授
白神 誠

icon トシリズマブの原価算定方式による薬価算定

 次は、アクテムラ点滴静注用です。成分名は遺伝子組換えのトシリズマブで中外製薬の開発です。

(資料5:「トシリズマブの薬価算定根拠」を挿入)

 トシリズマブは、インターロイキン-6レセプター作用を有し「キャッスルマン病に伴う諸症状及び検査所見の改善」を効能効果とするものです。同様の効能効果、薬理作用等を持つ類似薬がないため、薬価は原価計算方式により算定されました。申請者によればピーク時でも本剤の投与患者は120人程度と予測されています。

icon アデノシンの薬価算定

 次は、アデノスキャン注です。成分はアデノシンで第一サントリーファーマの開発です。

(資料6:「アデノシンの薬価算定根拠」を挿入)

 アデノシンは、A2a/A2b受容体を介した冠血管拡張作用を有し、「十分に運動負荷をかけられない患者において心筋血流シンチグラフィによる心臓疾患の診断を行う場合の負荷誘導」を効能効果とするものです。同様の効能効果、薬理作用等を持つ類似薬がないため、薬価は原価計算方式により算定されました。この価格は、外国平均価格の0.81倍であり、外国平均価格調整の対象とはなりませんでした。なお、申請者によればピーク時でも本剤の投与患者は3.6万人程度と予測されています。

icon ルリコナゾールの類似薬効比較方式(II)による薬価算定

 次は、ルリコンクリーム及びルリコン液です。成分名は、ルリコナゾールで、ポーラ化成工業の開発です。

(資料7:「ルリコナゾールの薬価算定根拠」を挿入)

 ルリコナゾールは、エルゴステロール合成阻害作用を有するイミイダゾール系の抗真菌剤で、白癬、カンジダ症、澱風に用いられる薬剤です。イミダゾール系の薬剤は既に薬価基準に3つ以上収載されており、補正加算の対象には該当しないと判断されたことから、新規性の乏しい新医薬品として類似薬効比較方式(II)で算定されました。算定ルールに従い、(1)過去10年間の類似薬の平均一日薬価、(2)過去6年間の類似薬の最低一日薬価及び(3)最も類似性の高い薬剤の一日薬価を比較することになりますが、過去10年間に収載された類似薬がなかったことから、最も類似性の高いラナコナゾールの製剤であるツムラのアスタットクリーム及びアスタット液を比較対照薬とすることとされました。
 以上の新薬は2005年5月25日の中医協総会で審議され、6月3日に薬価基準に収載されました。


提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3