→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成17年12月1日放送内容より スズケン

日本社会薬学会第24年会


共立薬科大学 社会薬学講座 教授
福島 紀子

icon ポスター発表の話題

 2日目は、朝からポスター発表が行われました。今年は56題のエントリーがあり、薬局、医療機関などの現場で生じる問題点をテーマにした発表や法律、制度面からの取り組み、薬剤師教育など、現場密着型の発表が多くあり、発表者と参加者との意見交換の有意義な場となりました。今回、特に、学部の4年生による発表が数題有り、社会薬学ならではの議論の場ともなりました。日本社会薬学会では、年会で優れた発表をされた方にSocial Pharmacy賞(SP賞)を授与していますが、今年度は4名の受賞となりました。

icon 特別講演から

 その後の特別講演では、富山大学保健管理センターのセンター長である医師の齋藤清二さんによる「患者さんの物語に学ぶ(Narrative Based Medicine)」のご講演がありました。

(資料7:「特別講演」)

 ナラティブとは何か、EBMとの関係など、症例を含めながらわかりやすく解説していただきました。NBMは、エビデンスを基盤とした医療(EBM)に加えて、医療者が患者の話(患者さんの物語)に耳を傾け、ともに手を携え医療という新しい物語を共同して紡ぎだしていく医療であるということ、そしてEBMの「より効果的な運用」を助けるものであることを強調されました。
 薬剤師も、昔から患者の話に耳を傾け、個々にあった服薬指導をすることで良い効果をあげてきていますが、これはNarrative Based Pharmacy(NBP)といえることではないでしょうか。これまで行ってきた薬剤師の服薬指導について、今一度考える機会となり、6年制に向けてのカリキュラムを考える上で大変参考になりました。

icon 患者の視点を持つこと

 特別講演に続いて、シンポジウムIIでは「患者・家族から学ぶ」を企画しました。今回は、まず、東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センターの医師である寺井千尋さんにPatient Partners Program(PPP)の内容と教育効果について解説していただきました。さらに、続く講師役となる患者の喜多山美代子さんには、Patient Partnersとして医学生にどのように講義を行っていくのか、その経験をお話しいただきました。お二人のお話は、患者さんが医学教育のかけがえのないパートナーであることを実証するものでした。
 次のSJS患者会の湯浅和恵さんからは、ご自分の闘病を通して、SJSの発現症状の詳細な経過の解説と薬剤師の使命そして果たすべき役割についてお話しいただきました。
 最後に筑波大学・大学院人間総合科学研究科 福祉医療学 奥野純子さんには、介護現場での高齢者の服薬管理状況について、薬剤師の視点からお話しいただきました。介護現場で薬剤師はチーム医療の一員として、また薬の専門家として必要とされているにもかかわらず、今、介護保健領域では薬剤師の姿が見えない現状を非常に危惧されていることを明らかにされました。その後、総合討論へとうつりましたが、最後まで熱心な討論が続きました。
 来年度からの新しい薬学教育のスタートにあたり、「患者の視点を持つ」ことと「患者から学ぶ」ことの重要性を考える上で企画されたこのシンポジウムは、私たち薬剤師、薬学関係者の心に、予測していた以上の重い課題と共に大きな勇気を与えてくれました。

 

提供 : 株式会社スズケン

    

前項へ 1 2 3 次項へ