→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成18年6月15日放送内容より スズケン

DI実例集(153)〜安全管理におけるTDMの利用


山形大学医学部附属病院薬剤部 副薬剤部長
豊口 禎子

icon その他の留意点

 薬物相互作用、飲食物との相互作用は臨床ではよく見受けられます。例えば、抗てんかん薬のバルプロ酸とカルバペネム系抗生物質を併用しますと、バルプロ酸の血中濃度が大幅に低下し、けいれん発作を起こすことが報告されております。その他にも、多くの薬物相互作用が報告されており、薬物相互作用をおこす恐れがある薬物を併用時には、薬物血中濃度を測定し、その影響を確認することが必要となります。

(資料3:「採決時間の違いによる薬物血中濃度の評価」)

 また、薬物は一般的には初回服用時は血中濃度が低く、投与を重ねるに従って上昇し、一定の濃度を上下する定常状態となります。従って、薬物血中濃度の値を評価する際には、採血時に定常状態に達しているかどうかを考えてから行うことになります。初回投与時に薬物血中濃度が有効治療域にある場合、定常状態では中毒域になる危険性があります。定常状態に達するまでの時間は、薬物によって異なり、抗てんかん薬のバルプロ酸では3〜5日で定常状態となりますが、フェノバルビタールでは2〜3週間かかります。また、患者の代謝、排泄能によっても定常状態に達する時間は異なります。
 以上のように、TDMは様々な場面での利用が可能でありますので、一つの手段としてご利用頂けましたら幸いです。

 

 

提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3