→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成19年6月21日放送内容より スズケン

話題の新薬2007(2)


獨協医科大学 名誉学長
原田 尚

icon 抗アレルギー点眼薬塩酸オロパタジン

 次いで、眼科用薬剤が2点、はじめは抗アレルギー性点眼薬塩酸:オロパタジンです。

塩酸オロパタジンの構造式

 この薬は、選択的な抗ヒスタミン作用と化学伝達物質の遊離・産生抑制作用によって2000年来、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚掻痒症などに対して広く使用されてきましたが、今回はアレルギー性結膜炎に対しての適応が昨年の7月に認可されました。通常、1回1〜2滴、1日4回点眼します。副作用は5%に見られ、局所の眼痛、頭痛です。

icon 広範性抗菌点眼薬塩酸モキシフロキサシン

 次に広範性抗菌点眼薬塩酸:モキシフロキサシンについてお話します。

塩酸モキシフロキサシンの構造式

 この薬は、広い抗菌スペクトルを有し、角膜、房水などへの移行が良好で、高濃度を維持します。昨年の7月に薬価収載されました。
 効能・効果は、適応菌種は、ブドウ球菌、レンサ球菌など、広い抗菌スペクトルを有しています。適応症は、瞼眼腺炎、涙嚢炎、麦粒腫、結膜炎、眼板腺炎、角膜炎などです。また、眼科周術期の無菌化療法にも用いることがあります。用法・用量は、眼瞼炎などでは1回1滴、1日3回点眼して、症状によって増減します。眼科周術期の無菌化療法に対しては、術前は1回1滴、1日5回、術後は1回1滴、1日3回点眼します。副作用は5.5%に見られ、眼痛、味覚異常、眼充血、眼刺激などです。また、重大な副作用として、ショック、アナフィラキシー様症状などが見られることがあります。

以上です。

 

提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3