→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成19年9月6日放送内容より スズケン

医薬品・医療機器等安全性情報 最近の話題(9)


NTT東日本関東病院 薬剤部長
折井 孝男

 医薬品・医療機器等の安全な使用を推進するため、医薬品医療機器情報提供ホームページ(以下「情報提供ホームページ」)では、医薬品や医療機器の添付文書情報をはじめ、様々な安全性情報を掲載しています。特に、平成16年4月の総合機構発足以降、多くのコンテンツの掲載を開始しています。そこで、今回はこれまでの経緯等とその主な掲載情報について紹介します。

icon 医薬品情報提供システムの整備

医薬品医療機器情報提供ホームページの概要

 情報提供ホームページの前身にあたる医薬品情報提供システムは、平成11年5月より、当時の医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構が当時の厚生省から出される「使用上の注意の改訂指示」や「医薬品・医療機器等安全性情報」、製薬企業から出される「緊急安全性情報(ドクターレター)」等、主に医師、歯科医師、薬剤師を対象とした医薬品の安全性情報を掲載していました。
 厚生労働省では「医薬品情報提供のあり方に関する懇談会」において、医薬品の安全性情報の提供のあり方について検討を行い、平成13年9月に最終報告を取りまとめました。この最終報告には「医療関係者や患者・国民に、医薬品情報を分かりやすく信頼できる情報として、使いやすい形で迅速かつ確実に提供するため、現行の『医薬品情報提供システム』を拡充・強化し、ITを活用した3つのコンセプト、[1]総合的な情報提供、[2]最新情報の提供、[3]国民への情報提供による『医薬品総合情報ネットワーク』を構築することが有益」と提言しています。

医薬品医療機器情報提供HP

 この最終報告に基づき、現在の情報提供ホームページは、新薬等の承認情報、回収情報、医療安全情報等の医薬品・医療機器の安全性情報を追加し、最新の総合的な情報提供を行っており、特に近年一般の方への情報提供の充実にも取り組んでいます。

医薬品関係者向け医薬品・医療機器関連情報

 また、平成18年3月に行ったWEBアンケートなど利用者の意見を踏まえ、医療関係者、一般の方、企業関係者等の利用者がより分かりやすく、必要な情報を探しやすいように情報の再配置、また、文字の拡大機能などを強化するため、ホームページのリニューアルを行っています。
 今後、体外診断用医薬品の添付文書情報等、提供する情報の範囲を拡大し、更に情報の量・質ともに充実していく予定としています。

 

提供 : 株式会社スズケン

      

1 2 次項へ