→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成19年9月13日放送内容より スズケン

勃起不全治療薬 タダラフィル


東邦大学泌尿器科 准教授
永尾 光一

icon ED治療患者の意識調査

ED治療薬に対する気持ち

 我々がインターネットを通じて行なった勃起障害治療患者の意識調査では、「硬い勃起が得られる」や「挿入できる勃起の硬さを得られる」などの項目では高い評価を得られていた。一方、「服用のタイミングを計るのが煩わしい」や「服用後、いつ効果が始まるのかわからず、焦ることがある」などの項目には改善の余地がある事が示された。
 この結果は、クエン酸シルデナフィルや塩酸バルデナフィルの勃起機能改善効果が、勃起障害患者にとってほぼ満足できるレベルにあることを示している。しかし勃起障害患者は現在、服用のタイミングを計る煩わしさなど、勃起障害に悩む以前には経験しなかった不自然な行為に不満を抱いている事が明らかになってきたことも事実である。
 タダラフィルは投与後30分以内に効果が発現し、食事の影響を受けずに36時間作用が持続することから、服用のタイミングを計る煩わしさ、焦り、プレッシャーなどを感じることがなく自然体で過ごせるという勃起障害治療を可能にし、現在の勃起障害患者の満たされないニーズに対する答えを提供すると思われる。

 

提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3