→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成19年10月11日放送内容より スズケン

DI実例集(157)〜医薬品医療機器情報提供ホームページ


大阪大学附属病院薬剤部 薬品情報管理室長
門脇 裕子

icon 重篤副作用疾患別対応マニュアル(医療関係者向け)

 また、医療関係者向けの対応マニュアルでは、同じく副作用の概要、初期症状、早期発見・早期対応のポイントに加え、副作用の判断基準、治療法、典型的症例、引用文献や参考資料も掲載されています。副作用の重篤度など必要性の高いものから順次まとめられていく予定です。

icon 医薬品医療機器情報配信サービス

 医薬品医療機器情報配信サービスは、緊急安全性情報、医薬品・医療機器等安全性情報、使用上の注意の改訂指示、医薬品安全対策情報(DSU)、自主点検通知、回収情報(クラス I)に関する情報が発出された時に、その情報をメールによって配信するサービスです。医師、薬剤師、看護師などがあらかじめメールアドレスを登録しておくことによって、先程述べました情報を電子メールで受信することが可能です。医療の現場で働く忙しい医療関係者が医薬品等の重要な安全性情報を遅滞なく入手できる便利なサービスとなっており、2007年3月末までに約6,500件が登録されています。

icon 健康被害救済制度について

健康被害救済制度の仕組み

 健康被害救済制度は、医薬品を適正に使用したにもかかわらず、副作用によって一定レベル以上の健康被害が生じた場合に、医療費、医療手当、障害年金、障害児養育年金、遺族年金、遺族一時金および葬祭料などの給付を行い、被害者の迅速な救済を図ることを目的とした公的制度です。ただし、抗がん剤や免疫抑制剤のように一部対象除外となる医薬品があります。医療費等の給付に必要な費用は、医薬品製造販売業者からの拠出金で賄われています。
 従来の医薬品副作用被害救済制度は、2004年4月に健康被害救済制度として総合機構に引き継がれ、同時に生物由来の原料や材料を使って作られた医薬品・医療機器による感染等の健康被害について救済する「生物由来製品感染等被害救済制度」も創設されました。本制度の概要についても「情報提供ホームページ」に掲載されています。

 以上、主な掲載内容について概説しましたが、日常診療において、「情報提供ホームページ」を大いに活用されることによって、質の高い安心で安全な医療が行われ、国民の健康増進に役立てられることを望みます。

 

提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3