→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成19年10月25日放送内容より スズケン

日本社会薬学会第26年会


東京理科大学薬学部 教授
上村 直樹

iconシンポジウムの話題

 次に「社会が育てる薬剤師」としてシンポジウムを行いました。パネリストとして岡山SP研究会の前田純子氏とひたちなか薬剤師会の塙真也氏そして財団法人いしずえの増山ゆかり氏をお迎えしました。岡山SP研究会の前田氏は模擬患者だけでは模擬患者の働きが活かされないため、医療者とのコラボレーションが必要であることと、そのコミュニケーションいわゆる感性を生かす教育こそが、個性豊かな薬剤師を育てるというお話しいただきました。ひたちなか薬剤師会の塙氏は顧客の満足度調査を地域の薬局にフィードバックした事例をお話しいただきました。これにより患者様へのサービスの向上だけでなく、処方せんを発行する医療機関や行政に対しても、薬局の機能や薬剤師の職能をアピールできたということでした。3人目の財団法人いしずえの増山氏は、サリドマイド事件を再度教訓として薬害防止への薬剤師の奮起と医薬品の安全管理への薬剤師の必要性が増山氏自身の生活を映したビデオをバックに話されました。参加者の心に深く訴えるものがありました。全く立場の違う3氏ではありましたが、社会のいろいろな立場の人々から、様々な思い入れをもって、薬剤師や薬学生を育てていることがわかりました。

icon 開催二日目の話題から

 二日目の午前中はポスター発表です。
 60演題の発表の中から優秀な発表2演題にSP賞(社会薬学賞)が授与されました。一つはファーミック薬局の山下智子氏らの「保険薬局における副作用報告の現状と課題」で、薬局で行うPMS の試みの発表でした。もうひとつは、スギ薬局の川村和美氏らの「薬剤師志望の有無から観た新入社員の職業指向性」で、薬剤師になりたかった人とそうでない人で職業の指向性がどのくらい違うかを調査した発表でした。全体としてもレベルはかなり高い発表が多く、四半世紀の重みを感じることができました。

野津有司氏講演

 午後には「社会をそだてる薬剤師」として教育講演「エデュテイメントによる青少年の喫煙および薬物乱用防止への取り組み」を筑波大学大学院 人間総合科学研究科の野津有司 准教授により行われました。エデュテイメントとは、楽しみながら学ぶと言う意味で、エデュケーションとエンターテイメントの造語ということだそうです。小学校低学年からの喫煙防止教育を進めていく上では、楽しみながら学ぶことが重要です。

白神会長挨拶

 2日間にわたり充実したプログラムで盛会にて終わることができました。来年の27年会は昭和大学薬学部で開催されます。

 

提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3 次項へ