→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成19年11月22日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠について(20)


日本大学薬学部薬事管理学 教授
白神 誠

icon ビジクリア錠、アンカロン注の薬価算定

ビジクリア、アンカロン注の薬価算定根拠

 次は、ビジクリア錠です。有効成分は、リン酸二水素ナトリウム一水和物と無水リン酸水素二ナトリウムで、ゼリア新薬工業の開発です。本剤は腸管内洗浄作用を有し、「大腸内視鏡検査の前処置における腸管内容物の排除」を効能効果とします。薬理作用が同一で効能効果の類似する塩化ナトリウム、塩化カリウム、炭酸水素ナトリウム、無水硫酸ナトリウムの製剤である味の素のニフレックを比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。比較対照薬は散剤、本剤は錠剤と剤形が異なりますが、類似薬に剤形間比がないことから、剤形間比1を用いて算定されました。
 次は、アンカロン注です。有効成分は、塩酸アミオダロンでサノフィ・アベンティスの開発です。塩酸アミオダロンは、Kチャネル遮断作用、Naチャネル遮断作用、Caチャンネル遮断作用、β受容体遮断作用を有し、「生命に危険のある心室細動、血行動態不安定な心室頻拍で、難治性かつ緊急を要する場合」を効能効果とします。同一有効成分の錠剤が既に発売されていますが、効能効果は「生命に危険のある再発性不整脈」であり、他にも同様の効能効果等を持つ類似薬がないことから、原価計算方式により算定が行われました。

icon アリクストラ皮下注、マイオザイム点滴静注用の薬価算定

アリクストラ皮下注、マイオザイム点滴静注用の薬価算定根拠

 次は、アリクストラ皮下注です。有効成分は、フォンダパリヌクスナトリウムでグラクソ・スミスクラインの開発です。フォンダパリヌクスナトリウムは血液凝固阻止作用を有し、「静脈血栓塞栓症の発現リスクの高い、下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制」を効能効果とします。同様の効能効果等を持つ類似薬がないことから、原価計算方式により算定が行われました。
 次は、マイオザイム点滴静注用です。有効成分は、遺伝子組換えのアルグルコシダーゼアルファでジェンザイム・ジャパンの開発です。アルグルコシダーゼアルファは酸性αーグルコシダーゼ作用を有し、「糖原病II型」を効能効果とします。同様の効能効果等を持つ類似薬がないことから、原価計算方式により算定が行われました。申請者によればピーク時の予測投与患者数は135人とされています。

 

提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3 次項へ