→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成19年12月27日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠(21)


日本大学薬学部薬事管理学 教授
白神 誠

 前回の放送でお伝えできなかった新医薬品の薬価算定根拠について説明します。

icon トピナ錠とセララ錠の薬価算定根拠

トピナ錠とセララ錠の薬価算定根拠

 はじめは、トピナ錠です。有効成分は、トピラマートで、協和醗酵工業の開発です。トピラマートは抗痙攣作用を有し、「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法」を効能効果とします。効能効果が同一で薬理作用などが類似するガバペンチンの製剤であるファイザーのガバペン錠を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。尚、外国平均価格調整による引き上げが行われました。トピナ錠には50mgと100mgの2規格がありますが、規格間比としてはガバペン錠の200mgと400mgとの規格間比0.7113が用いられました。
 次は、セララ錠です。有効成分は、エプレレノンで、ファイザーの開発です。エプレレノンはレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系抑制作用を有し、「高血圧症」を効能効果とします。効能効果などが類似するロサルタンカリウムの製剤である萬有製薬のニューロタン錠を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。価格は、外国平均価格の4分の3を下回りますが、外国平均価格が1カ国のみの価格に基づき算出されることとなる場合に該当することから、外国平均価格調整による引き上げは行われませんでした。セララ錠には25mg、50mg、100mgの3規格がありますが、規格間比としてはニューロタン錠の50と25との規格間比0.9321が用いられました。

icon シングレア細粒・キプレス細粒とジェニナック錠の薬価算定根拠

シングレア細粒・キプレス細粒とジェニナック錠の薬価算定根拠

 次は、シングレア細粒とキプレス細粒です。有効成分は、モンテルカストナトリウムで、シングレア細粒は萬有製薬の、またキプレス細粒は杏林製薬の開発です。モンテルカストナトリウムはロイコトリエン受容体拮抗作用を有し、「気管支喘息」を効能効果とします。同一有効成分のチュアブル錠が既に発売されていますが、従来の製剤は成人及び6歳以上の小児の用量を有するものでしたが、今回開発されたものは、1歳以上6歳未満の小児の用法用量を有する製剤です。従いまして、シングレアチュアブル錠及びキプレスチュアブル錠を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。比較対照薬はチュアブル錠、本剤は散剤と剤形が異なりますが、類似薬に剤形間比がないことから、剤形間比1を用いて算定が行われました。
 次は、ジェニナック錠です。有効成分は、メシル酸ガレノキサシン水和物で、富山化学工業の開発です。メシル酸ガレノキサシン水和物は、DNA合成阻害作用を有する合成抗菌剤です。適応菌種としては、「ガレノキサシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌(ペニシリン耐性肺炎球菌を含む。)、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)」であり、「咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、中耳炎、副鼻腔炎」を適応症とします。薬理作用が同一で、効能効果等が類似している、塩酸モキシフロキサシンの製剤であるバイエル薬品のアベロックス錠を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。本剤は経口剤で、適応菌種としてペニシリン耐性肺炎球菌の適応を取得していることなどを踏まえ、有用性加算(II)が適用されました。

 

提供 : 株式会社スズケン

      

1 2 3 次項へ