→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年1月10日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(14)−偽アルドステロン症


帝京大学 名誉教授
清水 直容

icon アルドステロンの分泌機序

アルドステロン関連生理と病態

 アルドステロンそのものについてちょっとお話しますが、横軸にレニンというものをとり、縦軸にアルドステロンを考えていただきますと、その四隅に全部人の名前のついた病気があり、Conn症候群である原発性アルドステロン症は、レニンが低いのにアルドステロンが非常に高い値を示しますが、それは副腎皮質の腫瘍によるからです。

Bartter症候群とGitelman症候群

 また、レニンが高くてアルドステロンも高いものは、バーター症候群あるいはギッテルマン症候群というものですし、レニンが非常に高いのにアルドステロンがほとんどゼロというのがアジソン病です。そうしますと低レニンで低アルドステロン症というところがありまして、図では、左下隅にリドル症候群というものです。

Liddle症候群

 このリドル先生の所へ初めてある患者さんがまいりました時には、原発性アルドステロン症という診断で来たわけですけれども、アルドステロンを測定したら、アルドステロンが全然高くない。それなのに低カリウムで高血圧をきたしていた、いうことでした。その原因は現在では解明されており、遠位尿細管にナトリウムの吸収を促進する場所、カリウムを排泄する場所の遺伝子異常が確認されているわけであります。

 

提供 : 株式会社スズケン

    

前項へ 1 2 3 次項へ