→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年1月17日放送内容より スズケン

持効型溶解インスリンアナログ製剤インスリンテデミル


順天堂大学内科学 教授
河盛 隆造

icon 糖尿病治療の目標

 デテミルの詳しい使い方をお話しする前に、日本の糖尿病の治療の現状、改良すべき点について述べてみたいと思います。
 糖尿病治療の目標は、患者の生活の質の維持ならびに健康な人と変わらない寿命を確保することです。糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法です。しかし、食事・運動療法を充分行ってもコントロールがつかない場合にはタイミングを逸することなく薬物療法を開始すべきです。病態に合った的確な治療薬を駆使して、血糖コントロールの改善を目指すべきです。
 こうして、長丁場にわたる治療を患者とともに進めていくことで、健康な人と変らない人生を送っていただくことができると思います。既に日本でも大規模介入研究が行われグリコヘモグロビンを良好に維持することで血管障害の発症・進展をかなりの程度まで抑制できることがエビデンスとして次々発表されています。

健常人における“糖のながれ”と“インスリンノのながれ”

 さて、1型糖尿病では、インスリン分泌はほぼ完全に消失しているため、外来性にインスリンを補充することが必須です。まず、日中、夜間を問わず24時間にわたるインスリン基礎分泌の補填が必要です。健常人では1時間当たり1単位の率でインスリン分泌がみられますので、その補填にはざっと20〜30単位が必要です。加えて、一回の食事に対応して10〜20単位のインスリンの分泌が健常人ではみられますので、食事摂取時のインスリン補填にも、その程度のインスリン注射量を毎食前に注射することが必要となり、日常診療でもこのように1日50〜80単位のインスリン量が注射されております。一方、2型糖尿病でもインスリンの分泌低下を認めますが、1型糖尿病ほどは高度に障害されているわけではないので、経口糖尿病薬を試してみることになります。近年では、作用機序の異なる、多彩な種々の経口糖尿病薬が開発され、病態に合わせて、薬剤を選択したり組み合わせたりして、食前はいうにおよばず食後の血糖応答もコントロールできるようになりました。

薬物療法実施2型糖尿病患者のうち70%以上が

 しかし、実地診療の成績をみてみると、経口薬治療で日本糖尿病学会が推奨するグリコヘモグロビン、せめて6.5%未満という目標を達成している患者は僅か3割に過ぎません。さらに、グリコヘモグロビン8%を超え、インスリン療法が望ましいと考えられる患者は2割もいるという現実があり、まだまだ治療が十分でないことを示しています。さらに、インスリン療法を行っている患者のコントロール状況を見ますと、もっと大きな問題があります。血糖コントロールがつかないためにインスリン療法に踏み切ったにも関わらず、インスリン療法を既に数ヶ月行っているにもかかわらず、グリコヘモグロビンが8%を超えている割合が実はとても高いのです。患者の側からすれば「インスリンを使っているのにどうして血糖値が下がらないんだろう」と思うのではないでしょうか。このような状況は「最悪のシナリオ」と捉えざるをえません。
 多くの先生方が経験なさるように、患者はインスリン治療を嫌がります。私たち、医療従事者のほうも「患者さんが嫌がるだろうから」とインスリンの導入を先延ばしにしてはいないでしょうか。「低血糖が起こったら対応できないから」とインスリン療法を敬遠される先生も少なくありません。私たちもインスリン治療の必要性を説明してもなかなか了承が得られない場合もあります。しかし、良好な血糖コントロール達成のためには、機を逸することなくインスリンを導入することが重要です。必要充分量を投与してグリコヘモグロビンを低く保つことができれば、血管障害で苦しむ患者を少なくできるはずです。

 

提供 : 株式会社スズケン

      

前項へ 1 2 3 次項へ