→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年5月23日放送内容より スズケン

禁煙補助薬 バレニクリン


大阪府立健康科学センター 健康生活推進部長
中村 正和

icon バレニクリンの投与方法

 バレニクリンは、ニコチン製剤とは異なり、飲み薬であることが最大の特徴です。また、ニコチン製剤のようにたばこを薬剤に置き換えて一度に禁煙するのではなくて、禁煙開始日を決めて、その1週間前から服用を開始します。つまり、最初1週間は喫煙をしながらバレニクリンを服用することになりますが、バレニクリンの効果で喫煙本数が減少するので、スムーズに禁煙の導入が図れると思います。喫煙者にとっても、いきなり禁煙でなく、薬剤を服用して本数が減る中で禁煙を始めることができるので、抵抗なく禁煙できると考えます。喫煙者の禁煙に対する基本ニーズは、「本数を減らしながら無理なく禁煙したい」ということです。この薬剤は、このニーズによくマッチしているので、喫煙者の禁煙への関心を高めたり、その実行を促す効果が期待されます

バレニクリンの使い方

 バレニクリンには0.5mg錠と1mg錠があり、第1週目は0.5mg錠を使用して、始め3日間は1日1錠、4日目から1日2錠へ増量します。その後11週間(第2〜12週目)は1mg錠を1日2錠服用します。さきほども述べましたように、最初1週間は喫煙をしながらバレニクリンを服用しますが、禁煙開始日を待たずして禁煙できる場合はそのようにしてもらって特に問題ありません。最初に薬剤を処方する際に、このことをあらかじめ伝えておくといいでしょう。
 投与期間は12週間です。保険による禁煙治療が同じく12週間ですので、保険による禁煙の治療期間中バレニクリンを服用することになります。薬価収載から1年間、すなわち来年の2009年4月末までは新薬としての取扱いのため、2週間毎に来院してもらって処方することが必要です。なお、12週間の禁煙治療により禁煙に成功した場合、禁煙をより確実にするため、さらに12週間延長して投与することもできます。ただしその場合、追加投与分は自由診療扱いとなります。
 保険による禁煙治療の費用は、自己負担が3割の方の場合、5回分の診察料と薬代を全て含めて、ニコチンパッチ治療では約12000円に対して、バレニクリン治療では約18000円程度です。喫煙本数にもよりますが、1日20本の喫煙者であれば、1〜2ヵ月分程度のたばこ代で治療を受けることができます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ