→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年5月29日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠(22)


日本大学薬学部薬事管理学 教授
白神 誠

icon レベミル注・レベミル注フレックスペンとアラノンジー静注用の薬価算定根拠

レミベル注の薬価算定根拠

アラノンジー静注用の薬価算定根拠

 次は、レべミル注及レべミル注フレックスペンです。有効成分は、遺伝子組換えのインスリン デテミルでノボノルディッスクファーマの開発です。インスリンデテミルは、血糖降下作用を有し、「インスリン療法が適応となる糖尿病」を効能・効果とします。効能・効果、薬理作用、投与形態が同一の遺伝子組換えのインスリングラルギンの製剤であるサノフィアベンティスのランタス注オプチクリックを比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。なお、レべミル注フレックスペンは、キット製品であることから、キット加算が適用されています。
 次は、アラノンジー静注用です。有効成分は、ネララビンで、グラクソ・スミスクラインの開発です。ネララビンは、核酸合成阻害作用を有するもので、「再発または難治性のT細胞急性リンパ性白血病及びT細胞リンパ芽球性リンパ腫」を効能効果とします。同様の効能効果等を持つ類似薬がないことから、原価計算方式により算定が行われました。

icon EOB・プリモビスト注シリンジの薬価算定根拠

 次は、EOB・プリモビスト注シリンジです。

EBO・プリモビスト注シリンジの薬価算定根拠

 有効成分は、ガドキセト酸ナトリウムでバイエル薬品の開発です。ガドキセト酸ナトリウムはMRIにおけるプロトン緩和時間の短縮作用及び幹細胞への取り込み作用を有し、「磁気共鳴コンピューター断層撮影における肝腫瘍の造影」を効能効果とします。効能効果等が類似するフェルカルボトランの製剤である同じバイエル薬品のリゾビスト注を比較対照薬とする類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。本剤は、肝腫瘍の造影に加え、血流情報の造影効果も有することなどを踏まえ、有用性加算(II)が適用されました。また、本剤は、キット製品であることから、キット加算が適用されています。本剤には同じ濃度の5mLと10mLの2規格がありますが、規格間比としては同効薬のガドペンテト酸メグルミンの製剤であるマグネビストの同一濃度の15mLと10mLとの規格間比0.5796が用いられました。

 以上の9成分16品目は昨年12月12日の中医協総会で審議され、12月14日に薬価基準に収載されました。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3