→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年6月5日放送内容より スズケン

肺動脈性肺高血圧症治療薬 シルデナフィル


浜松医科大学臨床薬理学・臨床内科 教授
渡邉 裕司

icon 肺高血圧症とは

 肺高血圧症とは、肺動脈圧の上昇を認める病態の総称と定義されています。一般には、安静臥位での平均肺動脈圧が25mmHgを超える場合、また、肺疾患、睡眠時無呼吸症候群、肺胞低換気症候群では平均肺動脈圧が20mmHgを超える場合に肺高血圧症と診断されます。肺高血圧症は、肺動脈性肺高血圧症(以下PAH)、左心性心疾患に伴うもの、肺疾患や低酸素血症に伴うもの、慢性血栓塞栓症によるもの、その他の肺高血圧症の5つに大別されますが、通常問題となる症例の多くは、PAHか肺血栓塞栓症に伴う肺高血圧症と考えられます。本日は、このPAHと最近の治療についてご紹介したいと思います。

icon 肺高血圧症治療の現状

肺動脈性肺高血圧症の分類

 PAHには、特発性あるいは家族性を含む原発性肺高血圧症と、膠原病や先天性心疾患、門脈高血圧症やHIV感染症などの特定の疾患に合併して生じる肺高血圧症、有意の肺静脈や肺毛細血管閉塞を伴う肺高血圧症、さらに新生児持続性肺高血圧症が含まれます。この中で、原発性肺高血圧症は特定疾患治療研究事業の対象に指定されており、平成18年度特定疾患医療受給者証件数より、961人の患者が確認されています。膠原病や先天性心疾患などに続発して生じる肺高血圧症も含めると、PAH患者の数は約6000人程度と考えられます。

肺高血圧症による心臓と肺の変化

 PAHは放置すると、進行性に肺血管抵抗の上昇を認め、最終的には右心不全や低心拍出性症候群から死にいたる、極めて予後不良な疾患群です。労作時の息切れや動悸、突然の失神発作や、右心不全徴候である顔面や下腿の浮腫などの症状により、患者の生活の質は著しく低下します。原発性肺高血圧症は、人口100万人あたり年間およそ1〜2人の割合で発症すると見られており、極めて稀な疾患ですが、30歳前後の比較的若い世代の発症例が多く、確定診断後の平均生存期間は約3年とされ、また膠原病に合併する肺高血圧症も、女性に多く、原発性肺高血圧症と類似した経過をとる、予後不良の疾患であることが明らかとなっています。
 PAHに対する内科的治療には、血管拡張療法、抗凝固療法、在宅酸素療法がありますが、可逆的な血管攣縮の治療を目的とする肺血管拡張療法が内科的治療の中心となっています。
 それにはカルシウム拮抗薬の内服、一酸化窒素の吸入、プロスタサイクリン製剤の内服や持続静注、さらにエンドセリン受容体拮抗薬であるボセンタンの内服などが含まれます。なかでも、プロスタサイクリン製剤およびエンドセリン受容体拮抗薬の有効性は確かなものと考えられ、近年、治療成績も向上してきています。しかしながら、プロスタサイクリン製剤の持続静注療法は、持続静注という投与法に絡んで、静注ルートからの感染を予防し、適確な注入量を保持し、小型注入ポンプを常時携帯することなど、細かな配慮が必要です。また、その高額な医療費は医療経済的な問題も生じうるものです。エンドセリン受容体拮抗薬も優れた薬物ですが、現在わが国で使用されるボセンタンは肝機能障害の発生頻度が高いことが危惧されます。このような背景から、安全性が高く経口投与可能で、全身血圧を低下させずに、肺動脈圧のみを選択的に低下させるような薬物が待ち望まれていました。

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ