→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年7月3日放送内容より スズケン

子宮内膜症に伴う月経困難症治療用低用量ピル製剤


東京大学附属病院女性診療科・産科・女性外科 講師
百枝 幹雄

icon 使用上の留意点

 最後に、以上の本邦における臨床試験での有効性と安全性のデータ、ならびに国内外の報告などを基に、子宮内膜症の治療において、子宮内膜症に伴う月経困難症治療用低用量ピル製剤「ルナベル」をどのように位置づけ、どう使用していくべきか、ということに関してひとつのガイドラインを提示したいと思います。

子宮内膜症に対する治療法の選択とタイミング

 子宮内膜症の治療は、少なくとも初経から閉経に至る女性のライフステージの中で、長期的な展望に立って計画的に行われるべきです。すべての状況で基本的にはまず鎮痛剤による疼痛コントロールが用いられますが、それで不十分な場合で挙児希望がない場合には、積極的に治療用低用量ピルを用いるべきだと思われます。それは、低用量ピルが鎮痛剤に次いで長期的安全性を有すると同時に、子宮内膜症の進行を抑制する効果が期待できるためです。鎮痛剤でコントロール不良でも挙児希望ある場合には当然低用量ピルは使用せず、手術療法あるいは高度生殖補助技術を含む不妊治療を優先します。妊娠・分娩・授乳期を除き、低用量ピルでもコントロール不良の場合には、より直接的な子宮内膜症治療薬を使用します。このカテゴリーの薬剤には、従来はGnRHアゴニストとダナゾールしかありませんでしたが、今年1月に第4世代のプロゲスチンであるジエノゲストが発売され、これも長期的安全性の観点から有用であることが期待されています。また、長期的観点からみた子宮内膜症の治療において注意しなければならないことは、子宮内膜症性卵巣嚢胞の卵巣癌への悪性転化です。近年、これは重大な問題として注目されており、特に40歳以上で高率に発生することが知られています。したがって、子宮内膜症性卵巣嚢胞を有する症例を薬物療法で保存的に治療する場合には、少なくとも3か月毎の定期的な検査を実施し、特に40歳以上であれば悪性化を予防する目的での手術療法も考慮する必要があります。
 今回ルナベルが子宮内膜症に伴う月経困難症に対して保険適用を取得したことで最も評価すべき点は、単にコストの点で有利であるだけではなく、子宮内膜症を長期的にかつ安全に管理する上で低用量ピルが有用であることが公的に認知されることにより、低用量ピルが医師にも患者にも広く普及する点でありましょう。治療用低用量ピル製剤によって、多くの子宮内膜症の女性のQOLが向上することを期待して、本日の解説を終わります。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3