→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年8月28日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(16) 間質性腎炎


帝京大学 名誉教授
清水 直容

icon 間質性腎炎の定義

 本日は、医薬品を使用している際に起こる有害事象の診断学のひとつとして、間質性腎炎(Interstitial Nephritis)についてお話します。
 内科学会等で御手洗先生、富野先生が講演されたものの一部もお借りしてお話いたします。

ネフロンと血管の走行

 この疾患は薬剤性として非常に多いものですが、腎臓のネフロンはご承知の通り、糸球体という細い血管が糸のように巻いたものと、その周りをボウマン嚢というカプセルがあり、そこを通り尿の元になる液(原尿)が濾過されたものが、幾つもの名前のついている尿細管を通り、集合管に至って尿となって排出されていきます。

腎臓の機能と作用

 間質性腎炎の定義としては「糸球体には変化が認められないで、主たる病変が尿細管、間質領域に存在するもの」と定められています。

酸・塩基平衡:近位尿細管の機能

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ