→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年8月28日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(16) 間質性腎炎


帝京大学 名誉教授
清水 直容

icon 間質性腎炎の病態

 どのような病態であるかを先にお話ししたいと思います。
 糸球体の間には、メサンギウム細胞とメサンギウムの基質があります。メサンギウム細胞は平滑筋系の細胞で、アクチンフィラメント様の構造を有しており、収縮も可能なために血行動態にも影響しうるものですが、更に、食細胞機能や糸球体の血流調節機能があります。

腎臓間質

 また、IgA:Immuno globlin Aの抗原を持つ細胞でもあり、マクロファージ類似の物質処理の機能もあります。また、糸球体外への流れにより、糸球体の異物排泄にも関係しているという複雑な細胞です。

糸球体血管

 そのメサンギウムの基質としては、糸球体の基底膜とつながっており、成分としてIV型のコラーゲンなどの細胞外基質タンパクも存在しています。従って、これらに関係したアレルギー関連の疾患という理解も重要であろうと思います。そのアレルギー反応のI型からIV 型により、その産生される物質も異なってくるわけです。
 どんな医薬品によって起こるかを先に申し上げますと、ペニシリン、セファロスポリン等の抗菌薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、利尿薬、プロトンポンプインヒビターの消化性潰瘍治療薬、アロプリノールやカプトブリルのようなインターフェロンなど非常に多くの薬剤の添付文書の中に間質性腎炎が副作用名としてあがっております。当然、他の感染症も除外しておかなくてはなりません。

症状ほか

 初発症状は、特異的なものではありませんが、薬剤性の場合には発熱、発疹、関節痛等、そして吐気、嘔吐、下痢、腹痛等の消化器症状も出てきます。また、体重も脱水により減少しますし、逆に腎臓機能が悪くなってくると、むくみがみられたり、尿量が少なくなると増加してきます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ