→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年9月25日放送内容より スズケン

ムコ多糖症VI型治療薬 ガルスルファーゼ


国立成育医療センター 臨床検査部長
奥山 虎之

icon ムコ多糖症VI型の病像と診断

 ムコ多糖症VI型は、マロトーラミー症候群とも呼ばれています。欠損している酵素は、Nアセチルガラクトサミン4サルファターゼと呼ばれています。遺伝形式は、常染色体劣性遺伝です。臨床症状は、ムコ多糖症II型やI型に似ていますが、角膜混濁があること、発症に男女差がないこと、精神運動発達障害や退行などの中枢神経症状を伴わないことが特徴です。極めてまれな疾患で、確認されている日本人患者は10人以下です。
 次にムコ多糖症VI型の診断について述べます。診断は、骨X線写真や特有な顔つきからこの疾患を「疑う」ことから始まります。疑わなければ診断に到達できませんが、疑いさえすればその診断は決して難しいものではありません。実際の診断は、尿中の蓄積物質の定量と欠損酵素の確認により可能です。ムコ多糖症VI型の場合、尿中ムコ多糖の濃度上昇があり、電気泳動で分画を調べることにより、デルマタン硫酸の増加がみられます。次に、酵素活性を白血球で測定することにより確定診断にいたります。ムコ多糖症は、遺伝性疾患ですので、遺伝子検査もできますが、疾患の診断そのものには必ずしも必要ではありません。しかし、保因者診断や出生前診断には有用です。国立成育医療センター臨床検査部で実施しています。

icon ムコ多糖症の治療

 ムコ多糖症の治療は、対症療法と根治的治療法に分けられます。
 対象療法としては、中耳炎に対するTチューブ挿入、無呼吸に対するアデノイド除去、角膜混濁に対する角膜移植、心疾患に対する弁置換術などがあります。症状が多彩であるため、耳鼻科、眼科、小児外科などの外科系診療科のフォローも必要である。感冒を早期に治療し、中耳炎をなるべく悪化させないよう積極的に治療し、補聴器、眼鏡などで補正し、適切なリハビリを受けることにより、成長発達の促進に向け働きかけることが可能ですが、病態の進行そのものを抑えるわけではありませんので、その効果にも限界があります。

酵素補充療法の原理

 これに対して、酵素補充療法は、欠損している酵素そのものを補うことによる治療法で、骨髄移植などの造血幹細胞移植などともに、根治的治療法と呼ばれています。酵素補充療法は、ライソゾーム酵素に特異的な細胞内輸送系により成り立っています。多くのライソゾーム酵素はマンノース-6-リン酸(M6P)残基をもち、細胞膜表面に存在するM6P受容体に結合した後、細胞内に取り込まれ、さらにライソゾーム内に輸送されます。ムコ多糖症ではこの輸送系を利用して、欠損している酵素を体外から補充することにより、細胞膜表面から細胞内そしてライソゾーム内に酵素を輸送し、ライソゾーム内に蓄積しているムコ多糖の分解を促進し、症状の改善を図ることができるのです。ガルスルファーゼは、ムコ多糖症VI型の酵素補充療法製剤として開発され、本年(2008年)3月に日本でも承認されました。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ