→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年10月2日放送内容より スズケン

話題の新薬2008-(2)


獨協医科大学 名誉学長
原田 尚

icon 血管運動神経症治療薬;エストラジオール

 次に更年期障害に伴う血管運動神経症の治療薬;エストラジオールについてお話します。

エストラジオールの構造式

 エストロゲン補充療法は、更年期障害の直接原因に対する療法です。経皮吸収型のエストラジオール製剤は、肝臓への負担や脂質代謝の影響が軽減されるので、生理的濃度にまで高めることができます。現在、世界37ヶ国で承認されています。効能・効果は更年期障害及び卵巣欠落症状に伴う血管運動神経症状です。通常成人では、1mgを1日1回、左右いずれかの大腿部もしくは下腹部に約400㎠の範囲に塗布します。副作用は55%に見られ、子宮出血等であります。また重大な副作用としてアナフィラキシー様症状の見られることもあります。

icon 尖圭コンジローマ治療薬;イミキモド

 次に尖圭コンジローマ治療薬;イミキモドについてお話します。

イミキモドの構造式

 イミキモドは、米国で創薬されたイミダゾキノリン誘導体で、患者本来のウイルス感染防御機構を介して疣贅を消失させます。1997年、米国において認可されました。効能・効果は、外性器または肛門周囲の尖圭コンジローマです。患部に適量を1日1回、週3回就寝前に塗布します。塗布後はそのままにして起床時に石鹸を用いて水または温水でよく洗い流します。副作用は83%で見られ、紅斑、びらん、表皮剥離等です。

icon 小児気管支喘息治療薬;モンテルカストナトリウム

 次に小児気管支喘息治療薬;モンテルカストナトリウムについてお話します。

モンテルカストナトリウムの構造式

 この薬は、すでに2001年、成人及び6歳以上の小児気管支喘息の治療薬として、認可されてきましたが、今回は細粒として6歳未満の小児に対する適応が承認されました。用法・用量は、1歳以上6歳未満の小児については4mgを1日1回、就寝前に経口投与いたします。

 その他、キノロン系の経口抗菌薬:メシル酸ガレノキサシン水和物が薬価収載されました。

メシル酸ガレノキサシン水和物の構造式

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3