→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年10月9日放送内容より スズケン

日本社会薬学会第27年会


昭和大学薬学部薬学教育推進センター 教授
亀井 美和子

icon シンポジウム「医療提供施設としての薬剤師の役割」について

 2日目のシンポジウムは「医療提供施設としての薬局の役割」というテーマで開催しました。

シンポジウム2

 シンポジストは、名城大学薬学部教授の坂巻弘之氏、日本大学薬学部専任講師の濃沼政美氏、CJCファーマ株式会社取締役の陳惠一氏の3人です。このシンポジウムでは薬局薬剤師が地域社会に貢献するために取り組むべきこと、また、活躍の場の提案について討議することをねらいとしました。3人のシンポジストからは、薬剤師を取り巻く環境が大変厳しい中で、薬局薬剤師業務の価値を世の中に示すためには、薬剤師業務のエビデンス構築が必要であること、薬剤師の価値を評価するためにはアウトカム研究に取り組むことが重要であり、データなしには自分たちの要望を実現することは難しいことを、それぞれの立場からお話されました。総合討論では、薬剤師が危機感を持って踏み込んだ業務に積極的に取り組み、それを評価していくことが重要であるという意見があげられました。

icon 第27年会の話題

 以上、特別基調講演と2つのシンポジウムについてご紹介しましたが、このほかに、教育講演として「苦情から学ぶ医療機関・薬局の対応」というテーマで患者の権利オンブズマン東京の幹事長で弁護士の谷直樹氏にご講演いただきました。また、年会長の戸部敞氏には年会長講演として「実務実習の指導者養成について」という講演を行っていただきました。
 また、年会では一般演題のポスター発表が大変盛況でした。薬剤師に関わる法制度、薬学教育、一般用医薬品や処方せん調剤での情報提供、コミュニケーション、医薬品の安全性等、社会薬学にふさわしく幅広い分野から76演題もの発表があり、会場内は熱気であふれていました。これらの中から厳正な選考を経て、2つの演題に日本社会薬学会SP賞が授与されました。
 ところで、今回の日本社会薬学会第27年会では、はじめての試みとして、1日目の午前中に、事前の希望者のみを対象としたワークショップを企画しました。このワークショップは、スギメディカル株式会社の主任研究員である川村和美先生と東京大学の堂囿先生が企画運営されたものです。「倫理的問題の検討法 〜臨床上のモラルディレンマに挑む〜」というテーマで、薬剤師が臨床現場で出会う倫理的な問題を検討する方法等を学ぶワークショップであり、参加者からは面白かった、役に立ったと好評を得ることができました。
 また年会前日の9月5日には「家庭薬膳でヘルスケア」というテーマで、恒例の市民フォーラムを開催しました。地域の方85名に参加いただき、学内からの参加者を合わせて約100名にご参加いただきました。講師のフローラ薬局の篠原久仁子先生の魅力あるお話に皆さん熱心に聞き入っていました。

 以上が第27年会についての報告となります。
 薬の専門家として社会から本当に「薬剤師がいてよかった」と評価をいただくためには、薬剤師だれもが相応の「責任」を果たす必要があり、それを社会に示す必要があります。本年会を企画運営した立場としては、年会に参加いただいた方には、「思い」だけで終わらせずに実行していただきたいと願っています。

 来年開催予定の第28年会は、北里大学薬学部の鈴木順子教授が年会長となり開催される予定です。薬剤師のソコヂカラによって得られた成果を示すことができるような場となることを期待しています。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3