→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年11月13日放送内容より スズケン

DI実例集(161)様々なホームページを利用した医薬品情報の検索


杏林大学付属病院 薬剤部医薬品情報室
若林 進

icon そのほかのホームページについて

 PMDAページ、製薬会社ページと検索してもまだ思うような情報が見つからない場合、医薬関連情報を取り扱うホームページを検索してみましょう。ここでは「Click-M.I」というホームページを紹介致します。

 「Click-M.I」は、様々な医薬関連情報を取り扱う登録制のホームページです。トップページには、安全性情報や回収情報などの製品情報や、医療に関連した新聞記事のタイトル情報などが掲載されていますが、この中でもSDIC情報が非常に有用です。SDIC情報には、「新薬情報」「経過措置品目」「長期投与が可能になる新医薬品」「効能効果・用法用量変更情報」などの情報がPDF形式で掲載されています。他にもSDIC一覧表として様々な情報が一覧形式で掲載されています。各製薬会社のホームページには、その製薬会社の医薬品の情報しか掲載されていませんが、「Click-M.I」のようなホームページでは、それぞれの医薬品を網羅的に掲載していますので、使う側としては大変有用です。 また、「SDIC質疑応答集」も大変便利です。例えばDI室で「インフルエンザ」に関する質問を受けたときに、「このカテゴリー内の検索」の枠に「インフルエンザ」というキーワードを入力してみましょう。自分が必要としているQ&Aが検索されるかもしれません。病院などで蓄積されるQ&Aを共有することは大切なことですが、このようなQ&A集を全国レベルで検索できるようになったことで、DI業務の幅も広がり、的確な情報を効率的に検索できるようになってきています。

Q&Aその1

 「製剤識別」のページでは錠剤鑑別を行うことが出来ます。例えば、「Sc396」と刻印のある錠剤を調べたい場合、「本体・包装コード」の枠に検索する識別コード「Sc396」を入力して検索ボタンを押すと、該当する医薬品「セイブル錠50mg」が検索されます。錠剤鑑別は書籍を使って検索する方が多いと思いますが、その書籍が発行された後に発売された医薬品が掲載されていないので、必ずしも完全な検索を行うことができません。しかし「Click-M.I」のようなホームページでは、定期的に情報が更新されるため、直近に発売された医薬品も検索することができます。書籍を使って錠剤鑑別を行ってうまく見つからなかった場合、このようなホームページを利用してみるのも良いと思います。
 「Click-M.I」は登録制のホームページですが、病院・診療所・薬局などの医療従事者であれば登録することができます。ぜひ登録しておくことをお薦め致します。

Q&Aその2

 次に、「安心処方infobox」というホームページを紹介致します。例えば、DI室の薬剤師が10種類の医薬品の添付文書の中で「間質性肺炎」の記載があるかどうか調査する質問を受けたとします。PMDAページを利用して検索する場合、それぞれの添付文書を開き、重大な副作用の項に「間質性肺炎」の記載があるかどうかを確認する必要があります。さすがに10種類の添付文書を開いて検索するにはそれなりに時間がかかります。こんな場合、「安心処方infobox」の「副作用サーチ」を利用すると素早く検索することができます。副作用サーチの「1.副作用名」に「間質性肺炎」と、「2.薬剤名」に10種類の薬剤名を入力し検索ボタンを押します。すると10種類の医薬品が表形式に表示され、間質性肺炎の記載がある部分が赤く表示されます。今回の質問の場合、10種類の医薬品の中でガスターDとプレタールの重大な副作用の項に「間質性肺炎」の記載があることが瞬時に検索することができました。さらに、この画面から添付文書やインタビューフォームの情報を表示させることも可能です。このように、いくつかの医薬品の添付文書の中から目的の副作用名を検索するときには、「安心処方infobox」内の「副作用サーチ」を利用することで検索にかかる時間を大幅に短縮することが可能となります。
 安心処方infoboxも登録制のホームページですが、医師・薬剤師であれば無料で会員登録が可能です。予め登録しておくことをお薦め致します。

登録しておくと便利なホームページ

 安心処方infoboxのように特定の情報検索に優れたホームページは数多く存在しています。また、医療情報を中心とした最近の話題が頻繁に更新されるホームページも数多く存在しています。医療関係者限定の登録制ホームページも多く、無料・有料と様々ですが、医薬品情報を素早く検索したり、医療関連の最新の話題を入手するためには、これらのホームページを確認しておき、そのページがどのような場合に役に立つのか、特徴をとらえておくことが大切です。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3