→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成20年11月27日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(17) 横紋筋融解症


帝京大学 名誉教授
清水 直容

icon 横紋筋融解症の病態

病態

 融解症の背景には、どんな病態があるかについてお話したいと思います。人間の話をしている時に魚の話をして恐縮ですが、筋肉には、赤い筋肉と白い筋肉があります。赤い筋肉の魚というと、マグロを思い出されると思いますし、白い魚の方ですとマダイみたいな魚を思い浮かべると思いますが、普通の人間においても、白と赤の筋肉が混在しております。

筋衛星細胞と筋再生

 赤い方はタイプ1、白の方はタイプ2と呼ばれますが、骨格筋の中では1:2で白の方が多い筋繊維です。そして、さまざまな原因により、筋が溶けると、筋細胞の外にあるマクロファージ細胞が中に入り、それがその壊れた細胞を食べてしまう感じになります。

横紋筋基本構造

 すぐに再生しようとする細胞が筋細胞の基底膜の外側には存在しており(筋の衛星細胞とよばれる)、それが活動化しますと、筋肉の再生が起こってくるわけです。

横紋筋融解症について筋肉が壊れるとは?

 大事なことは、横紋筋融解症が起こると、腎臓の急性機能低下が起こります。これが非常に大事で、それにすぐに気がつけば、その脱水や、乳酸アシドーシスを治せば、回復し得る腎不全ですので、そこに早く気が付いて治療をすることが横紋筋融解症における腎不全の場合には、重要なことです。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ