→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年1月15日放送内容より スズケン

DI実例集(162)ICUにおける薬剤師の活動


神戸大学附属病院薬剤部 薬品管理室長
山下 和彦

icon ICUにおける薬剤師の役割

ICUにおける薬剤師の活動

 具体的な薬剤師の活動内容についてご説明します。
 まず、医薬品の在庫管理についてですが、ICU以外の病棟では、通常、必要な薬品を処方した場合、その都度、地下1階の薬剤部から払い出される運用となっていますが、ICUでは、使用する薬剤の種類が多く、また緊急で必要な場合や、処方変更も多いため、約150品目の薬剤がサテライト薬局を中心として定数配置されています。薬品の補充の流れとしては、平日1日ごとに、使用した薬剤がオーダリングシステムにより集計されるので、それをもとに地下1階の薬剤部で取り揃えを行います。その後、ICUに搬送された薬品は、ICU担当の薬剤師が毎日補充を行っています。また、毒薬、向精神の管理、使用期限チェックや在庫量についても担当薬剤師が確認を行っています。薬剤師が常駐することで、配置している薬剤の見直しがスムーズとなり、適正な在庫管理が可能となりました。

サテライト薬局での薬剤師の役割

 医師の処方は、原則として薬剤師がチェックを行い、調剤して払い出される運用としています。医師の処方内容について確認が必要な場合には、まずオーダリングシステムから参照できる情報を確認し、そのうえで医師へ必要な問い合わせをするようにしています。また、可能な限り、個人別に取り揃えを行い、看護師が点滴の混合を行う際にチェックが行いやすいように工夫しています。また、依頼のあった処方については、薬剤師がクリーンベンチを使用し、点滴薬のミキシングを行っています。サテライト薬局で混合するメリットとしては、指示を受け付けやすいため、処方変更に対応しやすいことや、クリーンベンチを使用することにより、無菌的な混合調整が可能となることが挙げられます。処方内容については処方監査をおこなったのち、配合変化や異物の混入がないかについても十分な確認を行っています。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ