→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年2月5日放送内容より スズケン

新生児けいれん治療薬静注用フェノバルビタールナトリウム タフルプロスト


香川大学小児科 教授
伊藤 進

 静注用フェノバルビタール(商品名:ノーベルバール静注用250mg)について、臨床開発の経緯および治療上の注意について話させていただきます。

icon 静注用フェノバルビタール製剤開発の経緯

 最初にフェノバルビタールについてお話します。フェノバルビタールは、1912年Hoerleinにより創製され、その後全世界に普及した抗けいれん作用と催眠・鎮静作用をもつ薬剤です。国内でのフェノバルビタール関連製剤として、酸型製剤であるフェノバルビタール製剤は、1944年1月に粉末剤、1948年7月に皮下・筋注用製剤、同年8月に錠剤、1956年2月にエリキシル剤が発売されました。一方、塩型のフェノバルビタールナトリウム製剤は、1949年に皮下・筋注用製剤が発売されましたが1984年に販売中止になっています。同様の製剤は1957年2月にも他の製薬会社により発売され、現在は10%フェノバルビタール注として販売されています。また、1981年1月に坐剤が発売されています。
 さて、この様に古くから多くのフェノバルビタール製剤が開発されているにもかかわらず、なぜ静注用フェノバルビタール製剤の開発に至ったかお話します。
 日本未熟児新生児学会の薬事委員会は、新生児期の特有な病気に関して学会員の要望を聞きながらお薬が安全に使用できるように努力していました。つまり、薬剤の添付文書に病気への効能・効果および用法・用量の記載がされていない薬剤が、未熟児新生児では大多数を占めるからです。そのような薬剤を調査して優先順位をつけて、解決法を検討してまいりました。2001年度の調査で、静注用フェノバルビタールは医療上の必要性が最も望まれた薬剤の一つとなりました。

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ