→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年4月16日放送内容より スズケン

DI実例集(163)ボリコナゾールのCYP3A4の阻害による相互作用


東京大学病院薬剤部 助教
大野 能之

icon はじめに

 ボリコナゾールは、広い抗菌スペクトルを有しているアゾール系抗真菌薬であり、今日問題となっているアスペルギルス感染症や、クリプトコックス感染症などへの適応を持ち、わが国では2005年に承認された比較的新しい抗真菌薬です。アゾール系抗真菌薬は薬物代謝酵素であるCYPを阻害することにより、薬物間相互作用を引き起こすことが良く知られています。

ボリコナゾールの添付文書の相互作用に記載

 ボリコナゾールに関しても、CYPの阻害作用を有することが明らかとなっており、添付文書の相互作用の項目には、CYP2C19、2C9及び3A4の阻害作用を有することが記載されています。例えばCYP3A4で代謝される睡眠導入薬のトリアゾラムは、併用により血中濃度の増加に伴う作用の増強や作用時間の延長の恐れがあることから併用禁忌として記載されています。また、同様の理由から、HMG-CoA還元酵素阻害薬は併用により、これらの薬剤の血中濃度が増加するおそれがあることから併用注意となっています。
 しかし、適正な薬物療法の実現のためには、これらの相互作用により各薬剤の血中濃度がどの程度上昇するのかを評価することが重要です。また、トリアゾラム以外の睡眠薬との相互作用の有無や、HMG-CoA還元酵素阻害薬の薬剤間での相互作用の程度の差といった情報も必要ですが、これらの情報は添付文書に記載されていません。なぜなら、トリアゾラムもHMG-CoA還元酵素阻害薬も、ボリコナゾールとの相互作用試験は実施されておらず、どの程度の相互作用が起きるかは明らかになっていないからです。また、CYP3A4で代謝される薬剤は非常に広範のため、添付文書に記載されていない薬剤でも、相互作用に注意が必要な薬剤が存在する可能性も考えられます。このように、添付文書の情報や既存の相互作試験の報告だけでは適正使用の実現には情報として十分でないことがあります。
 そこで、今回は私どもの施設で取り組んでいる、CYP3A4の阻害による相互作用の程度の評価と情報提供について、ボリコナゾールを例に解説いたします。

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ