→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年4月30日放送内容より スズケン

透析患者の高リン血症治療薬 炭酸ランタン水和物


和歌山県立医科大学腎臓内科・血液浄化センター 教授
重松 隆

icon リン吸着剤の歴史

 最初にリン吸着剤の歴史をお話したいと思います。リン吸着剤は、1970年代では、水酸化アルミニウム製剤がリン吸着剤として使われました。これは、非常に効率の良いリン吸着力を持っており高リン血症治療薬として非常に優秀なものがありました。さらに、副作用としての胃腸障害がなく、また水酸化アルミニウムの薬は、胃の薬として販売されているぐらいです。しかも、リンを下げる力も強いということで非常に良く使われていました。現在でも、この薬を評価する先生方も多くいらっしゃいます。しかしながら、アルミニウムを飲みますと、少しずつですが、腸から吸収をされます。その結果、透析患者は、尿が出づらいものですから、体内に少量ずつ徐々にアルミニウムが蓄積し、脳に貯まるとアルミニウム脳症などの脳障害を発症したり、アルミニウム骨症を発症し骨軟化症などで苦しむ方が多く出ました。ですから、現在では、この水酸化アルミニウムは、リン吸着剤としては優秀なことは皆が認めておりますけども、透析患者には、副作用の点から用いられなくなりました。

Caの摂取量と血管石灰化スコアとの関連性

 その後、1990年代に入り、炭酸カルシウムに代表されるカルシウム剤がリン吸着剤として使用されました。この薬は、カルシウムを飲むと、食事中のリンと結合して、リン酸カルシウムという不溶性の物質として、便の中に排泄されることによりリン吸収を抑えるという薬です。この薬は、現在でも使われており、非常に優秀な薬であります。また、薬価が安いというメリットもあります。しかし、カルシウムは、体には必要なものではありますが、摂取過剰になると、高カルシウム血症を起こします。加えて、透析患者は、尿が出ないので尿中カルシウム排泄をすることがありません。そうしますと、余ったカルシウムは体内で吸収され、いわゆる軟部組織の石灰化や、一番怖い血管の石灰化などをきたすようになりました。
 現在でもこの炭酸カルシウムなどのカルシウム剤は、リン吸着剤として使われておりますが、あまり大量にこれだけに頼るということはできないことがわかりました。その後、いろいろな研究から、カルシウムでもなく、アルミニウムでもない、塩酸セベラマーが新しいポリマーとして出てきました。これも現在、使われておりますが、リン吸着力があまり強くないので、多量に飲まなくてはならない。また、便秘、腸閉塞などを引き起こすという副作用もあります。リン吸着力の弱さ、副作用の若干の多さなどから、こればかりに頼るというのは難しい状況になっています。

icon 炭酸ランタン水和物の特徴

 今回、新しく炭酸ランタンの水和物が開発されました。この薬剤の成分であるランタンは、水に溶けにくいものです。食事を通してタンパク質などがリンと結合しますと、炭酸ランタンとリンがくっついた不要物として便中に排泄されリンの吸収を抑える薬です。

炭酸ランタンと炭酸カルシウムの二重盲検比較試験

 この薬は、アルミニウムと同程度にリン吸着力が強いということがわかっています。また、カルシウムは、胃酸分泌が少ない、すなわち胃液が少ない方、PHが中性のようなときには効果が十分でないという欠点がありますが、この炭酸ランタンは、胃の状況に関わらず、リンとの結合力が非常に強く、安定したリン吸着力を持っています。従って、食事中のリンと確実に結びついてリンの吸着を阻害することができます。炭酸ランタン水和物は、2008年の10月に製造承認が出ました。そして同年12月にも薬価収載され、2009年3月に発売となりました。この炭酸ランタン水和物は、食事中のリンと結合する必要があるので、破砕粒化することが重要です。剤形としては、いわゆるチュアブル錠250ミリ、500ミリ錠の2種が発売されています。チュアブル錠ですから、口中でガリガリと噛んで、粉とまではいきませんが、かけらにしてゴクンと飲んでしまうことになります。
 透析患者さんは、水を飲みますと体内から尿が出ませんので水が貯まります。そういう点では、チュアブル錠というのは、非常に適切な剤形であると考えています。
 この薬は、非常に強いリン低下効果を持っていることは、すでに実証されています。日本人の臨床試験でも、1錠〜2錠飲むことで8ぐらいあった血清リンが、目標の6以下になるという結果がでています。現在、日本の透析医学会のガイドラインでは、リンの目標値が3.5〜6以下とされています。この6以下にするということが重要ですが、そう容易ではありません。
 これまでの薬を色々使っても、6以上の方は多くいらっしゃいますが、炭酸ランタンが出れば、かなり改善できることが期待されています。この薬に対する期待は、高リン血症の治療においてはもちろん、それ以外にも血清リンが下がらなくても、たくさんタンパク質が摂取できることにあります。週3回血液透析を受けていたり、腹膜透析を毎日自分で行っている。こういう努力をしている透析患者さんに、非常に厳しい食事制限というのは、やはり望ましいものではありません。このような患者さんは、炭酸ランタンのような薬を使用することにより、タンパク質が摂取できる、すなわちおいしいものが食べられる。これは患者さんにとっても、朗報だと思います。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ