→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年4月30日放送内容より スズケン

透析患者の高リン血症治療薬 炭酸ランタン水和物


和歌山県立医科大学腎臓内科・血液浄化センター 教授
重松 隆

icon おわりに

 今後、この薬がどのように使われるかは、発売後、臨床の現場でいろいろ検討されていくと思いますが、ひとつには、カルシウム製剤との併用や先述の塩酸セベラマーとの使い分けによる投与法が色々模索されると思っています。おそらく、1〜2年後には、より良い多様な使い方が提案されていると思っています。

炭酸ランタンと炭酸カルシウムの二重盲検比較試験―平均投与量の推移

 炭酸ランタンの水和物が、この世の中に登場することによって、二次性副甲状腺機能亢進症治療の役者は大体揃うことになります。活性型ビタミンD、カルシウム製剤、calcimimeticsという種類に属するシナカルセト製剤、リン吸着剤のカルシウム製剤、塩酸セベラマー、そして今回の炭酸ランタン水和物。これら薬剤により、二次性副甲状腺機能亢進症の治療のメニューが概ね出揃ったといえます。あとは、私たちが、使い方を開発していけばよろしいのではないかと思います。
 最後に、この薬は発売されたばかりです。私たち透析医療に従事する者もそうですし、患者さんも非常に期待していると思います。皆様に、今日のお話が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3