→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年7月30日放送内容より スズケン

DI実例集(164)薬剤部情報システム「G.P.I.S.」の活用について


岐阜大学医学部附属病院薬剤部 医薬品情報管理室主任
安田 浩二

icon DI説明会による情報の共有

 DI説明会は毎月1回開催しており、過去1ヵ月間にHPなどで報告した医薬品関連の情報のうち特に重要な情報をWeb形式でまとめ、ブラウザを使用してプレゼンテーション形式で実施しています。

DI説明会による情報の共有

 DI室ではDIニュースや薬剤部HPにより随時情報を発信していますが、院内の全職員に情報が周知されているか確認する方法がありません。そこで、重要な情報(DIニュースや安全性情報、添付文書の改訂や包装変更、新規薬剤の特徴など)の解説を含めた説明会を病棟担当薬剤師に実施することで、各薬剤師の更なる理解と各薬剤師から担当診療科への情報伝達を最終目標としています。この運用により、多くの院内職員へ的確に情報伝達ができるようになりました。なお、説明会には門前の開局薬剤師の参加も呼びかけ、病院の枠を越えて情報の連携がとれるよう、すなわち薬薬連携も目指した説明会を実施しています。

icon おわりに

 当薬剤部では独自に開発した情報システムを活用して、医薬品に関する情報や薬剤の業務に関する情報を薬剤師間で共有し、医師・看護師など他職種への情報提供や医療安全に向けた業務の改善に役立てています。今回、紹介したシステムについては、岐阜大学病院薬剤部のHP(http://hosp.gifu-u.ac.jp/pharmacy/)にて更に詳しく紹介しておりますので、ご参照下さい。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3