→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年8月20日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠(27)日本大学薬学部薬事管理学


日本大学薬学部薬事管理学 教授
白神 誠

icon エカード配合錠とコディオ配合錠の薬価算定根拠

エカード配合錠の算定根拠

コディオ配合錠の算定根拠

 次は、エカード配合錠です。成分は、カンデサルタン シレキセチルとヒドロクロロチアジドの配合剤で、武田薬品工業の開発です。本剤は配合剤であることから、それぞれの有効成分を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。
 次は、コディオ配合錠です。成分は、バルサルタンとヒドロクロロチアジドの配合剤で、ノバルティス ファーマの開発です。本剤は配合剤であることから、それぞれの有効成分を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。

icon ボノテオ錠・リカルボン錠とスプリセル錠の薬価算定根拠

ボノテオ錠の薬価算定表

スプリセル錠の薬価算定表

 次は、ボノテオ錠及びリカルボン錠です。有効成分は、ミノドロン酸水和物で、ボノテオ錠はアステラス製薬のまたリカルボン錠は小野薬品工業の開発です。ミノドロン酸水和物は破骨細胞活性抑制作用に基づく骨吸収抑制作用を有し、「骨粗鬆症」を効能・効果とします。効能効果、薬理作用、投与形態等が同一のリセドロン酸ナトリウム水和物の製剤である味の素のアクトネル錠および武田薬品工業のベネット錠を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。
 次は、スプリセル錠です。有効成分は、ダサチニブ水和物で、ブリストル・マイヤーズの開発です。ダサチニブ水和物は、チロシンキナーゼ阻害作用を有し、「イマチニブ抵抗性の慢性骨髄性白血病、再発又は難治性のフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病」を効能・効果とします。効能・効果、薬理作用等が類似するイマチニブメシル酸塩の製剤であるノバルティス ファーマのグリベック錠を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。本剤は、フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病において、イマチニブメシル酸塩を含む既存治療に抵抗性又は再発の患者に対し、一定の有効性を示した点で「治療方法の改善」が認められ、有用性加算(II)が適用されました。ただし、国内での治験の症例数が少ないこと考慮し、評価は限定的なものとされました。また、本剤は希少疾病用医薬品であり、市場性加算(I)の適用が認められると判断されましたが、既に同様の作用機序、効能を有する医薬品が薬価基準に収載されていることを踏まえ、評価は限定的なものとされました。

icon タシグナカプセルとジスマロックSR成人用ドライシロップの薬価算定根拠

タシクナカプセルの薬価算定表

ジスマロックの薬価算定表

 次は、タシグナカプセルです。有効成分は、ニロチニブ塩酸塩水和物で、ノバルティス ファーマの開発です。ニロチニブ塩酸塩水和物は、チロシンキナーゼ阻害作用を有し、「イマチニブ抵抗性の慢性期又は移行期の慢性骨髄性白血病」を効能・効果とします。効能・効果、薬理作用等が類似するイマチニブメシル酸塩の製剤であるノバルティス ファーマのグリベック錠を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。本剤は、イマチニブメシル酸塩を承認最大用量(1日600mg)以上使用しても無効であった患者群を対象とした試験において、一定の効果が得られていることから、慢性骨髄性白血病患者の治療の新たな選択肢となる点で「治療方法の改善」が認められ、有用性加算(II)が適用されました。ただし、国内での治験の症例数が少ないことを考慮し、評価は限定的なものとされました。また、本剤は希少疾病用医薬品であり、市場性加算(I)の適用が認められると判断されましたが、既に同様の作用機序、効能を有する医薬品が薬価基準に収載されていることを踏まえ、評価は限定的なものとされました。
 次は、ジスロマックSR成人用ドライシロップです。有効成分は、アジスロマイシン水和物で、ファイザーの開発です。アジスロマイシン水和物は蛋白合成阻害作用を有し、「アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌等」を適応菌種に「深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽喉・喉頭炎等」を適応症とします。同一成分で効能・効果もほぼ同一であるファイザーのジスロマック錠を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。本剤は1回のみの投与により効果が示されており、治療方法の改善が認められることから、有用性加算(II)が適用されました。ただし、比較薬のジスロマック錠も3回投与(1日1回、3日間)であることを考慮し、評価は限定的なものとされました。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ