→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年9月10日放送内容より スズケン

ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬 ミルタザピン


ほくとクリニック病院 院長
澤 温

icon 臨床試験成績から

 これまで国内、海外で多くの臨床試験が行われてきております。国内では大うつ病を対象とした、ミルタザピンとプラセボの効果比較試験、さらにこの試験でミルタザピンを投与され、「ややよくなった」以上と評価され、続けて服用することを希望した人に1年間の長期投与試験が行われました。

HAM-D17変化量の推移

 プラセボ対照の第II相臨床試験では、HAM-D17合計スコアの改善においてプラセボに対するミルタザピン30mgの優越性は検証されました。
 副作用発現率は81.9%でしたが、主な副作用は,傾眠,口渇,倦怠感等で、その発現の多くは投与初期にみられました。体重増加も5%以上の発現ですが、これは先に述べた5HT2C受容体遮断及びH1受容体遮断作用によるものと考えられます。うつ病では食欲減退で体重減少して当然で、それが回復したものと考えてよいでしょう。

HAM-D17合計スコアの推移

 1年の長期投与試験では、投与8週後以降、HAM-D17合計スコアの平均値は7点以下で推移しました。またHAM-D17寛解率は107例中75例で70.1%でした。

副作用発現時期

 みられた副作用は第II相試験でみられたものと同様で、その発現の多くは投与初期にみられました。海外ではその他の試験として、ミルタザピンと、アミトリプチリンおよびプラセボの効果比較試験が行われ、アミトリプチリンより投与1週目から有意な効果が見られております。また65歳以上の高齢者に対するパロキセチンとの効果比較試験では投与1週目から有意な効果を得ております。さらに重度でない認知症患者を含む85歳以上の超高齢者に対して投与した試験でもHAM-D、CSDDおよびCGIで 改善が見られたと報告されています。
 面白い臨床試験としては、長期療養中の高齢者に対してミルタザピンと他の抗うつ薬を投与した場合、ミルタザピンを投与された患者は抗不安薬や睡眠薬の使用量を減らせるという報告があります。これはミルタザピンの作用機序のところで述べたように、ミルタザピンには催眠作用や鎮静作用があることと関係しており、副作用を逆に主作用として利用したといえるでしょう。その他にも多くの報告があり、ミルタザピンはメランコリー型の特徴を伴う重症うつ病患者を対象としたベンラファキシンとの比較試験において、有意差は認められなかったものの、高いHAM-D17スコアの改善効果を示し、重症うつ病患者に対する有用性が示されています。また、プラセボと比較してHAM-Dにおける自殺関連項目スコアを投与2週目から有意に改善することが示されています。
 最後にミルタザピンのSSRI無効患者への効果についての報告を示します。

ミルタザピンのSSRI−無反応患者に対する効果

 パロキセチン、フルオキセチン、シタロプラムといったSSRIに無効であった患者に同じSSRIであるサートラリンとミルタザピンを投与したところそれぞれ改善を示したもののミルタザピンのほうが有意に高い効果をしました。
 残念ながらこれまでに四環系抗うつ薬と比較したデータは報告されていません。

抗うつ薬の副作用プロファイル

 抗うつ薬の副作用についてまとめたものを示しますが、ミルタザピンは鎮静作用と体重増加のみが強いと言われておりますが、いずれも治療的とも考えられるものです。SSRIやSNRIと比べて消化器症状、不眠/焦燥、性機能障害の副作用がない点で優れております。しかし抗コリン作用を除きますと、ミアンセリン、セチプチリンとは似たプロファイルであることは化学構造が似ていることから理解しやすいものです。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ