→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年10月22日放送内容より スズケン

緑内障・高眼圧症治療剤ビマトプロスト


京都府立医科大学眼科 講師
森 和彦

icon おわりに

 現在、緑内障に対する薬物療法の主流はプロスタグランジン関連薬です。わが国では今回、発売となったビマトプロストを加えて5種類のプロスタグランジン関連薬が使用できることになり、これからはその使い分けが重要になります。ビマトプロストは眼圧下降効果については他のプロスタグランジン関連薬よりもやや強く、日本人に多いと言われている正常眼圧緑内障にも原発開放隅角緑内障と同様の眼圧下降率を示すことが大きな特徴かと思います。副作用については、結膜充血や睫毛の異常の発現頻度が高いようですが、国内の治験ではほとんどが投与を継続されていました。
 以上から、ビマトプロストは、その作用機序の違いと臨床効果から緑内障治療の新たな選択肢として期待され、今後多くの緑内障患者に処方されることで、わが国における臨床的位置付けが決められてゆくものと考えます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3