→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年11月5日放送内容より スズケン

DI実例集(165)フッ化ピリミジン系抗がん剤とワルファリンの相互作用


名古屋大学附属病院薬剤部 薬品情報室
太田 小織

icon 併用時の留意点

フッ化ピリミジン系抗がん剤とワルファリンの併用時の留意点

 以上のことを踏まえてフッ化ピリミジン系抗がん剤とワルファリンを併用する場合には、INRなどの血液凝固機能検査を頻繁に施行し、ワルファリンの用量を適宜調節することが重要です。これは、フッ化ピリミジン系抗がん剤中止後もしばらくの期間(1ヶ月ほど)注意する必要があります。また、患者に対し、出血傾向の出現に対する注意を指導することも大切です。当院薬剤部においては、主に希望外来患者を対象にワルファリン教室を開催しています。ワルファリンの服用意義、副作用、食物との飲み合わせなどを説明し、効果、副作用および相互作用のモニタリングを行っています。現在、患者が限定されており、さらに幅広く行う必要性を感じています。
 また、フッ化ピリミジン系抗がん剤の代謝阻害はCYP2C9に特異的であると示唆されていることから、ワルファリンの他にも、フェニトイン、トルブタミド、ナテグリニドなどCYP2C9の基質となる薬剤との併用により、それらの薬剤の作用が増強される可能性があります。フェニトインの血中濃度測定や糖尿病薬による低血糖の発現にも注意が必要です。

引用文献
1) Park J.Y. Kim K.A.: Inhibitory effect of 5-fluorouracil on human cytochrome P450 isoforms in human liver microsomes. Eur J Clin Pharmacol 59: 407-409. 2003
2) Afsar A. Lee C. Riddick D.S.: Modulation of the expression of constitutive rat hepatic cytochrome P450 isozymes by 5-fluorouracil Can J Physiol Pharmacol 74: 150-156. 1996
3) Stupans I. Richards D.A. Mcclure M.T. : Effects of 5-fluorouracil treatment on rat liver microsomal enzymes Xenobiotica 25: 1-8. 1995
4) Camidge R. Reigner B. Cassidy J. Grange S. Abt M. Weidekamm E. Jodrell D.: Significant Effect of Capecitabine on the Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of Warfarin in Patients with Cancer. J Clin Oncol 23: 4719-4725. 2005
5) Zhou Q. Chan E.: Effect of 5-fluorouracil on the anticoagulant activity and the pharmacokinetics of warfarin enantiomers in rats. Eur J Pharm Sciencs 17: 73-80. 2002

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3