→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年11月12日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠(28)


日本大学薬学部薬事管理学 教授
白神 誠

icon リスパダールコンスタ筋注用の薬価算定根拠

リスパダールコンスタ筋注用の薬価算定根拠

 次は、リスパダールコンスタ筋注用です。有効成分は、リスペリドンで、ヤンセン ファーマの開発です。リスペリドンは、抗ドパミン作用および抗セロトニン作用を有し、「統合失調症」を効能・効果とします。これまでの経口剤に加えて注射剤が開発されたものです。したがって、既収載の同一成分の経口剤であるリスパダール錠を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で薬価の算定が行われました。本剤は、製剤上の工夫により、2週間に1回の投与が可能となった国内初の非定型抗精神病薬の注射剤で、服薬遵守状況が悪く、内用薬では効果不十分な患者に対する有用な選択肢の一つとなるものと認められ、有用性加算(II)が適用されました。ただし、本剤の特性上、投与開始3週間までは血中濃度の維持が不十分であり、その間は内用薬も必要であることを考慮し、評価は限定的なものとされました。

icon アピドラ注及びアピドラ注ソロスターとアラミスト点鼻液噴霧用の薬価算定根拠

アピドラ注・アピドラ注ソロスターの薬価算定根拠

アラミスト点鼻液の薬価算定根拠

 次は、アピドラ注及びアピドラ注ソロスターです。有効成分は、遺伝子組換えのインスリングルリジンで、サノフィ・アベンティスの開発です。インスリングルリジンはインスリン受容体刺激作用による血糖効果作用を有し、「インスリン療法が適応となる糖尿病」を効能効果とします。効能・効果、薬理作用が同一の遺伝子組換えのインスリンリスプロの製剤である日本イーライリリーのヒューマログ注を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。なお、アピドラ注ソロスターについてはキット製品であるので、キット部分の原材料費が加えられています。

 次は、アラミスト点鼻液噴霧用です。有効成分は、フルチカゾンフランカルボン酸エステルで、グラクソ・スミスクラインの開発です。フルチカゾンフランカルボン酸エステルは抗炎症作用および血管収縮作用を有し、「アレルギー性鼻炎」を効能効果とします。効能・効果、薬理作用が同一のモメタゾンフランカルボン酸エステル水和物の製剤であるシェリング・プラウのナゾネックス点鼻液噴霧用を比較対照薬に類似薬効比較方式(I)で算定が行われました。なお、本剤はキット製品であるので、キット部分の原材料費が加えられています。

 以上の9成分19品目は平成21年6月10日の中医協総会で審議され、6月19日に薬価基準に収載されました。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3