→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年11月26日放送内容より スズケン

カルシウム拮抗薬・スタチン配合剤アムロジピン酸塩・アトルバスタチンカルシウム水和物


東京大学大学院臨床疫学・経済学 准教授
福田 敬

 今日は、高血圧症治療剤と高コレステロール血症治療剤を配合して、一錠で双方の治療を可能にした初めての薬剤について紹介するとともに高血圧症と高コレステロール血症を2剤で治療する場合よりも1剤で治療した場合の服薬アドヒアランスについてお話したいと思います。

icon 新しいカルシウム拮抗薬・スタチン配合剤の特徴

 高血圧症と高コレステロール血症の併発は、脳・心血管疾患の発症リスクを一層高めることが知られています。2009年12月に発売予定のカルシウム拮抗薬・スタチン配合剤(商品名カデュエット配合錠)は、1日1回経口投与で、高血圧症と高コレステロール血症を世界で初めて1錠で治療できる薬剤です。また、本剤は服薬アドヒアランスの向上ならびに持続的かつ安定した血圧・LDLコレステロール低下作用を実現します。
 この配合錠は、高血圧症治療のスタンダードドラッグであるアムロジピンベシル酸塩と高コレステロール血症治療のスタンダードドラッグであるアトルバスタチンカルシウム水和物を配合した経口治療剤で2004年に米国で承認されたのを皮切りに現在では世界60ヵ国以上で承認されています。

icon 高コレステロール血症合併患者の治療の現況

実際に治療されている高コレステロール結晶合併・・・

 心血管疾患のリスク管理には、血圧とコレステロールを併せてコントロールすることが、脳卒中や心筋梗塞といった重篤な心血管イベント発症の抑制に大きく関与していることが知られています。しかしながら、血圧やLDLコレステロールを十分コントロールできていない患者さんが多く存在することも問題視されてきました。既に受診しているにもかかわらず、血圧またはLDLコレステロールのコントロールが不十分だったり、一方が未治療であったりする場合も少なくありません。
 国内で高コレステロール血症と高血圧症を合併した患者さんは、国民の10人にひとりのおよそ1300万人と推定されています。そのうちの半数(51%)には、高血圧症と高コレステロール血症の治療に薬剤が投与されていますが、残りの半数の650万人(49%)は、いずれか一方、あるいはいずれも薬剤が投与されていません。中でも高血圧症のみ投与しているのが434万人と2/3を占めています。
 生活習慣病の治療は長期間にわたるため、医師の指示通り服薬しなかったり、治療を途中で止めてしまったりする事も散見されます。高血圧症と高コレステロール血症の薬物療法を始めた患者さんで1年後に指示通りに治療を実践していたのは40%程度というデータもあります。服薬アドヒアランス、すなわち服薬の遵守率が低いと、血圧やLDLコレステロールのコントロールが不十分となり、心血管疾患のリスクが高まります。
 この配合剤はこうした問題を解決するために、医療現場で最も汎用されている高血圧症治療剤と高コレステロール血症治療剤を配合して、一錠で双方の治療を可能にした初めての薬剤がです。高血圧症と高コレステロール血症を2剤で治療する場合よりも1剤で治療した場合の服薬アドヒアランスは有意に改善するため、異なる疾患の配合錠は大きなメリットがあるといえます。

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ